>> Google Books

異文化理解の視座 : 世界からみた日本、日本からみた世界

フォーマット:
図書
責任表示:
小島孝之, 小松親次郎編
言語:
日本語
出版情報:
東京 : 東京大学出版会, 2003.4
形態:
xi, 352p ; 22cm
著者名:
目次情報:
世界のなかの日本文化 ドナルド・キーン著
東の技芸、西の技芸 : 印刷文化史の視線 樺山紘一著
東アジア諸国と日本の相互認識 : 一五・一六世紀の絵地図を中心に 村井章介著
松下見林の元禄型国際史学 ロナルド・トビ著
ドイツの労働者がみた明治末期の日本 レギーネ・マティアス著
トルコ人の目からみた近代日本 セルチュク・エセンベル著
近代中国人の日本観の変遷 王暁秋著
近代における日韓間の相互認識 : 一進会と黒龍会の大アジア主義を中心に 姜昌一著
「相互認識」の立て方、語り方について 孫歌著
歴史学と異文化認識 高山博著
日本古典文学の「開かれた構造」 ツベタナ・クリステワ著
世界文学としての源氏物語 : 翻訳と現代語訳の相関 河添房江著
日本文学とフランス語の出会い 二宮正之著
共通の感受性を求めて : イタリアにおける日本文学 ジョルジョ・アミトラーノ著
叙事様式と植民地主義言説 : 韓国の新小説に登場する日本 権寧珉著
宮沢賢治は日本人に生まれて損をしたのか ロジャー・パルバース著
「私小説」とは何か 安藤宏著
フランスにおける日本現代文学 : 芥川龍之介からイヴ・シモンまで エドヴィージュ・フジモト・ドゥ・シャヴァンヌ著
異化の祝祭 中地義和著
他国の文学を読む理由 柴田元幸著
国際化のなかの日本文学研究 : 体験的な活動による国際交流 伊井春樹著
異文化交流の文学史へ : 海外資料調査と国際会議 小峯和明著
世界のなかの日本文化 ドナルド・キーン著
東の技芸、西の技芸 : 印刷文化史の視線 樺山紘一著
東アジア諸国と日本の相互認識 : 一五・一六世紀の絵地図を中心に 村井章介著
松下見林の元禄型国際史学 ロナルド・トビ著
ドイツの労働者がみた明治末期の日本 レギーネ・マティアス著
トルコ人の目からみた近代日本 セルチュク・エセンベル著
続きを見る
書誌ID:
BA6174871X
ISBN:
9784130010368 [4130010360]
子書誌情報
Loading
所蔵情報
近くの請求記号の本を見る Loading virtual-shelf information
Loading availability information
内容目次情報
Loading contents information

類似資料:

1
 
2
 
3
 
4
 
5
 
6
 
7
 
8
 
9
 
10
 
11
 
12
 

石附, 実(1934-)

教育開発研究所

丸茂, 明則(1929-)

中央経済社

江口, 朴郎(1911-1989)

青木書店

丸茂, 明則(1929-)

中央経済社

帝国地方行政学会

東郷, 和彦(1945-), 森, 哲郎(1950-), 中谷, 真憲, 秋富, 克哉(1962-), Elberfeld, Rolf, 氣多, …

藤原書店

鹿島, 正裕(1948-)

風行社

守屋, 保

隊友会

伊藤, 之雄(1952-), 川田, 稔(1947-)

山川出版社

鴨, 武彦(1942-)

日本評論社