close
1.

論文

論文
豊田, 裕章
出版情報: 研究紀要.  032  pp.19-32,  2019-03-01.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/2837
2.

論文

論文
前川, 佳代
出版情報: 研究紀要.  031  pp.17-31,  2018-03-01.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/2603
3.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  13  pp.89-108,  2010-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/442
概要: 都市域の拡大は職住近接の生活から郊外居住地と都心職場の空間的分離を生み出し、男女や家族の生活に大きな影響を与えている。どのような住居、職場、都市構造が男女の社会参画を容易にし、男女共同参画社会にハード面からつなぐことができるか。個別空間だけ でなく、それを超えて都市の空間を統合的に男女共同参画社会との関係性を捉えたいとする試みである。本研究はまず女性の社会進出と住居、職場、都市構造の変化がどのような関係にあるかハード面から大阪市と大阪都市圏、戦後から1975年以降を中心に分析した。住居の間取り、職場のオフィスビル、通勤・外出の移動空間、保育所の配置の変遷などから、都市構造、居住環境、子育てしながら働き続けられるまち、オフィス環境、社会参画を支える都市機能から、それぞれにハードの変遷と男女共同参画は個別にまた総体的相互に関係しており、より良い都市へと変化、進展していることが明らかになった。<br />The expand of city area separated workplace in city & house in the suburbs from house with workplace in city. That separation serious influenced the life of men & women and families. We analysis the relations between changing women's social participation and houses, workplaces, urban structure in hardware at Osaka City and Osaka large City Area about today from after the War. As a result, we found that the plan of housing, the plan of office buildings, commuting trains, arrangement of nurseries, the change of each hardware related separately and synthetic. So the change of city evolves the better life & better city. 続きを見る
4.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.67-81,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/374
概要: 首都は都市化と人口集中、家族構造の変化により墓地を変容させている。ノルウェーのオスロ市アルファセット墓地、スウェーデンのストックホルム市のロックスター墓地と森林墓地の現地調査を事例として、家族墓地から無名墓地への動向、墓地経営、宗教と墓地の 関係変化、墓地・埋火葬関連法、環境配慮など近年の現状と課題への対応を探った。近年、雑木林や公園様式のミンネルンドが墓地内に設置されている。墓地以外への遺灰等散骨は法律により規制され、許可が必要である。居住登録者には墓所の使用権は権利であるが有期限である。またキリスト教以外の宗教、特に近年イスラム教徒の区域が設置されている<br />The cemetery at the capital are changing by population growth and family forms. We made some field survey of Alfasset cemetery in Oslo,Norway, and Råcksta burial grounds and the Woodland cemetery in Stockholm, Sweden. Then we research existing state of things and correspond to change of cemetery by a trend from family type grave to unnamed grave, a management of cemetery, the relations between the religion and cemetery, the lows related burial and cremation, an environmentally consciousness. In recent years, there are so-called "urn groves" "Minnelund" designed of park or woodland in cemetery. The remains or ashes may only be buried or spread at public or private burial-paces. Other customs may occur, however, in exceptional circumstances and after a decision by the county administrative board. The registered resident have the right of a grave plot at a burial-place, but it is fixed a term. The special grave plots shall be provided for those who do not belong to a Christian denomination, recently that is increasing for Islam. 続きを見る
5.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 研究紀要.  18  pp.239-254,  2005-03-01.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/1920
6.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 研究紀要.  17  pp.87-108,  2004-03-01.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/1775