close
1.

論文

論文
伊藤, 敏雄
出版情報: 現代社会研究.  022  pp.39-53,  2020-01-31.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/3014
概要: 本稿の目的は、主に、大正・昭和初期における大阪築港埋立地を都市計画用途地域の中に位置付け、その土地利用の実態を明らかにすることである。大阪築港埋立地の利用区分は、明治39年(1908)の内務省による埋立地の大阪市への下付と第一次世界大戦によ る経済発展の影響を受けて、埠頭地区と新千歳町地先埋立地においてなされるようになった。当該期の同市港湾課長は、各種建築物の混在は港湾能力を減殺させるため、その回避は不可欠としていた。大阪市の臨海地域の都市計画は、この築港埋立地の利用区分を踏まえてなされ、またその利用区分がその後の各地区の産業発展を規定することにもなったと考えられる。この点に関して、築港埋立地における複数の運河は、周辺地区の工業地域等への指定やその後の倉庫や工場などの発展に、市内の主要河川とともに大きく関わっていた。 The purpose of this study is mainly to locate the landfill of the port of Osaka in the use districts of the city planning and to clarify the actual usage in the Taisho and early Showa period. The use division of this landfill was made after the granting to Osaka City by the Home Ministry in 1908 and by the influence of the economic development in the First World War period. The city planning of the coastal area of Osaka City was based on this use division, and it can be considered that the division also defined the development of various industries in each district after that. And several canals at this landfill were associated with the designation of surrounding area as industrial districts and subsequent development of warehouses and factories. 続きを見る
2.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  13  pp.89-108,  2010-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/442
概要: 都市域の拡大は職住近接の生活から郊外居住地と都心職場の空間的分離を生み出し、男女や家族の生活に大きな影響を与えている。どのような住居、職場、都市構造が男女の社会参画を容易にし、男女共同参画社会にハード面からつなぐことができるか。個別空間だけ でなく、それを超えて都市の空間を統合的に男女共同参画社会との関係性を捉えたいとする試みである。本研究はまず女性の社会進出と住居、職場、都市構造の変化がどのような関係にあるかハード面から大阪市と大阪都市圏、戦後から1975年以降を中心に分析した。住居の間取り、職場のオフィスビル、通勤・外出の移動空間、保育所の配置の変遷などから、都市構造、居住環境、子育てしながら働き続けられるまち、オフィス環境、社会参画を支える都市機能から、それぞれにハードの変遷と男女共同参画は個別にまた総体的相互に関係しており、より良い都市へと変化、進展していることが明らかになった。<br />The expand of city area separated workplace in city & house in the suburbs from house with workplace in city. That separation serious influenced the life of men & women and families. We analysis the relations between changing women's social participation and houses, workplaces, urban structure in hardware at Osaka City and Osaka large City Area about today from after the War. As a result, we found that the plan of housing, the plan of office buildings, commuting trains, arrangement of nurseries, the change of each hardware related separately and synthetic. So the change of city evolves the better life & better city. 続きを見る
3.

論文

論文
吉田, ゆり
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科博士後期課程研究紀要.  3  pp.69-81,  2009-03-31.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/247
概要: 本論文の目的は、我が国の少子化現象とそれにともなう子育て支援施策について概説し、いくつかの少子化原因論と施策のモデルを示し、現状とその課題をうきぼりにすることである。またそこからさらに、子育て支援の展開のうち、都市計画やまちづくりの中での支 援は、具体的な事例が多数報告されているにもかかわらず、その施策のうらづけや方向性は明確ではない、という課題を提示し、今後の研究の端緒とする。 続きを見る
4.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  7  pp.83-97,  2004-11-16.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/362
概要: 関西文化学術研究都市は新しいまちづくりという壮大な計画であるが、当初の建設から約30年が経ち、現在78の研究施設が立地し、21万人が住む都市として形成されつつある。社会経済情勢の大きい変化により都市建設には変化に対応した施策が必要である。学 研都市の中でも京都府域を対象として文化が育つ都市計画のあり方を探った。都市計画のあり方では多様なコミュニティが生まれる都市づくり、用途純化から混在許容、地域主体の都市計画への移行が、また精華・西木津地区ではNPOなど地域の活発な市民活動があるが、文化が育つしかけづくりには、コーディネーターや文化交流拠点施設が必要になっている。<br />The Kansai Science City that is large scale city planning has been 30 years. Now there are 78 laboratories and 210000 peoples live in the city. It is necessary to construct of corresponding to change of social & economical conditions. We study a way of city planning for bringing up culture at Kyoto prefecture area. As the result, it is necessary to create the diversity of communities and from a limited uses to diversity of land uses in city planning, to taking part citizens. We saw some citizen's groups are actively, for example NPO, at Seika and West Kizu area. But it is necessary to have coordinator and cultural exchange facility for bringing up culture. 続きを見る