close
1.

論文

論文
岡野, 八代 ; 澤, 敬子 ; 内藤, 葉子 ; 藤本, 亮 ; 眞鍋, 佳奈 ; 南野, 佳代 ; 望月, 清世
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.151-164,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/370
2.

論文

論文
岡野, 八代 ; OKANO, Yayo ; 澤, 敬子 ; SAWA, Keiko ; 内藤, 葉子 ; NAITO, Yoko ; 藤本, 亮 ; FUJIMOTO, Akira ; 眞鍋, 佳奈 ; MANABE, Kana ; 南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo ; 望月, 清世 ; MOCHIZUKI, Sawayo
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.49-66,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/372
概要: 本論文は、ジェンダー法学の現状と課題を、その「アカウンタビリティーを問う」という視点で検討する。この研究は、同じく科学研究費補助金基盤研究(C)( 2 )による先行研究である「ジェンダー理論の法学教育への統合的モデル構築にむけた現状と課題の 実践的研究」(研究代表者 : 京都女子大学現代社会学部南野佳代)を深化、展開する目的のもので、『現代社会研究』第7号でも触れたように三つの角度からの共同研究を含んでいる。本共同研究は、そのうちの、ジェンダー理論に教育制度や担い手の側から光をあててその現状と課題を問うものであって、米国のジェンダー法学教育者に対して行ったインタビューを素材に、法学教育におけるジェンダーないしフェミニズムの視点導入の意義と課題を論じている。<br />As one of the results of the research project "The Accountability of Feminist Jurisprudence," this article addresses the significance and theme of introducing gender perspectives into law school education, focusing on the interviews done with the professors teaching gender perspectives in law schools in the United States. 続きを見る
3.

論文

論文
江口, 聡 ; EGUCHI, Satoshi ; 澤, 敬子 ; SAWA, Keiko ; 藤本, 亮 ; FUJIMOTO, Akira ; 南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo ; 望月, 清世 ; MOCHIZUKI, Sawayo
出版情報: 現代社会研究.  6  pp.93-114,  2004-01-31.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/345
概要: 科学研究費補助金基盤研究(C)(2)「ジェンダー理論の法学教育への統合的モデル構築にむけた現状と課題の実践的研究」の2002年度研究経過報告である本稿は、米国フェミニズム法学のケースブックに基づき、以下の分野を扱う。第1章は、マイノリティの 観点である批判的人種フェミニズムからの法学およびフェミニズム法学への批判と貢献を検討し、第2章はアファーマティヴ・アクション導入以来の批判派対擁護派の論争を整理し、平等概念、能力主義基準自体の歴史性を指摘する。第3章は、ポルノグラフィにかんして自由論者と規制論者の論点と、ポルノ規制条例にかんする判決を取り上げる。第4章は、なぜ法と女性とのかかわりにおいて「親密な関係」を統制する法が重視されるのか、婚姻関係内部の権力関係と婚姻可能性の権力性を検討し、第5章は、他者のケアを引き受ける者が置かれがちな経済的依存状態について、平等の観点から、ありうべき社会保障モデルを検討する。<br />As a first year report of the research project "Toward A Model of Gender Perspectives into Legal Professional Education: A Study on Current Legal Education and Its Agenda for Gender Equal Society," this article addresses the following themes referring to "Feminist Jurisprudence: Taking Women Seriously" 2nd. First, critical race feminists' critique and contribution to jurisprudence and feminist jurisprudence; second, controversy over affirmative action and historicity of the key concepts of equality and merit; third, feminists' controversy over pornography, MacKinnon's ordinace and its constitutionality; fourth, law's intervention into intimate relationships and its justification of inequality inside and between the relationships; last, the state and care-takers' inevitable economic dependency, and rethinking of equality in social security policy. 続きを見る