close
1.

論文

論文
柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi
出版情報: 現代社会研究.  13  pp.125-134,  2010-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/439
概要: 本稿では、日本の家族と個人の自由について、西欧哲学における家族概念と個人の自由の成立過程を日本の家族観に対照させることで、現代の家族概念を検討することを目的とする。西洋哲学史においては、ルターとエラスムスの論争が示すように、自分以外の存在に 従うことも自由概念に含んでいた時代もある。しかし、近代に入ると、ミルに代表される自由とは外的な圧力の影響を受けずに判断することだという見解へと発展した。福沢の自由観は、こうした功利主義的な自由観の延長上にある。ところで家族は、内部に非対称な力関係を内包する共同体である。日本における「家」は、個人とは別に存在し、家長あるいは長子の決定に家族の成員が従うことを求める。「家」は直系以外の家族を排除することで存続しているために、成員間の横のつながりが弱く、「家」からの離脱が個々人を孤立させることになる。だからこそ、個人の集合として共同体を捉える観点は、家族内で各人が互いを尊重し、そこから離脱することも容易にすると考えられる。<br />This paper aims to clarify the notion of family in Japanese society with analyze of the individual liberty in Japanese family, referring to the notion of family and of liberty in the western society, which has influenced in the process of Japanese modernization in the Meiji period. In the history of the western philosophy, the notion of the liberty is the great aporia in the relation to faith in God and his creation of the world, but after the decline of the church and the rise of the citizen, it changes its meaning as the social contract, especially with the notion of Mill. Fukuzawa introduced the notion of it in pragmatism and in Japan, which has influenced well at the time. By the way, family is the community which includes asymmetric power order. <<Ie>> (household) continues to exist in Japanese society as the implicit base of the social norm, and it makes easy to scarify to the member of family and difficult to him or her to maintain the solidity with his/her brothers or sisters. In order to guarantee individual liberty in the politics in the family, we must develop the notion of family. As the social group in which each member can be equal. 続きを見る
2.

論文

論文
澤, 敬子 ; SAWA, Keiko ; 柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi ; 南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.53-70,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/432
概要: 本報告は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2008年11月、2009年2月に、フランス共和国において実施した調査に基づき、フランスにおける法曹継続教育(Continuing Legal Educati on, CLE)についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。フランスにおいては、公務員である司法官(裁判官・検察官)の継続教育は、司法官養成の国家機関でもある国立司法学院(Ecole Nationale de la Magistrature)が担当し、各地の裁判所と連携を取りながらこれを行っている。受講者は、年間200以上のテーマの中から、自分に必要なテーマを選び無料で受講できる。弁護士に対しては、弁護士が所属する各地の弁護士会が行っている。どちらも近年、義務的なものとなった。近年のフランスにおいては、パリテ法の制定などによる政治部門への女性の参加の進展、法曹における女性割合の目覚しい増加が見られるが、一方で、国立司法学院の継続教育のコースでは、ジェンダーに関する諸問題に対応する個別立法などが行われれば当該法を扱う個別コースが提供されるが、ジェンダー法学/理論のみが取り扱われるコースは現時点では存在しない。<br />As one of the results of the research project "International Comparative Research on the Process of Developing, Implimenting and, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a 3 year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research), this article focuses on an investigation done in France on gender perspectives in the Continuing Legal Education (CLE) in 2008-9. In the article, explained are the systems and programs of CLE for French magistrates (judges and prosecutors) and lawyers, and the appreciations given by them. We found no program which treats, especially and exclusively, "gender and law" or gender theory. 続きを見る
3.

論文

論文
柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.39-51,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/435
概要: 本稿は、「甘え」が象徴する社会構造によって、日本社会における「自由」と「権利」概念理解のずれが生じることを指摘する。土居は、日本社会においては、「甘え」に象徴される、子が親から無条件で受容される関係が関係性のモデルとなることで、個人による集 団への従属を善とする社会規範が形成され、「自由」を「わがまま」とも理解するずれが生じたことを指摘する。明治初期における西欧世界からの法システムの導入は、個々人の属性に依存する社会関係が存続したことで、諸概念の理解においてゆがみを伴っていた。属性に依存する社会規範は、社会関係が希薄化した現代社会においても、個々人に「分を守る」ことを求める。「自由」と「権利」の概念理解の両義性は、属性・役割を社会規範の規準とし、個の意識を曖昧にすることで「甘え」を許容する日本の社会構造から生じる。ここに、既存の社会にはない新しい知の理解には、その社会の価値規範の影響によるずれを避けることができないことを見て取ることができよう。<br />This article aims to clarify the reason why Japanese people have the double-edged understanding about the notion of the freedom and the rights. The word "Amae" symbolises the social structure in Japan where parents accept the unconditional indulgence of their child. Being based on this model of the relationship, this structure makes the miss-leading about the freedom and the rights, sustained by the social norms which premise the dependence of the individual to the society. This doulde-edged understanding on the freedom and the rights comes from the structure of the Japanese society, which depends on the personal social status and position and which weakens the self-consciousness, too. We can see the inevitable influence of the social value and norm on the introduction of the sciences which have developped in the different culture back ground. 続きを見る
4.

論文

論文
KAKIMOTO, Yoshimi ; 柿本, 佳美
出版情報: 現代社会研究.  11  pp.193-202,  2008-12-15.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/406
概要: This article aims to clarify the relation between the system of social value and the scientific theory in the history of Japanese eugenics. In these days, we used to see the eugenics as the discriminative theory for the disabled people. But when we see its face as the justification of the system of the social value, we can notice that the recognition implicit of the society is needed. In order to examine the relation between the science theory and the society, we must foresee the possibility of its modification by the people's desire in the context of the society, such as the acceptation of the eugenics in Japan.<br />本稿は、日本における優生主義の受容の歴史をたどり、優生主義の浸透が示す問題点をフェミニズムを含む社会改良思想との結びつきによって強化される社会の価値意識、および科学的知見の社会的受容から検討する。明治期から大正期にかけて、日本人の資質の向上は、富国強兵を目指す政府の方針としてだけでなく知識人の間においても関心の的であり、優生主義はこの目的に適合する思想であった。フェミニスト達の一部も優生主義を積極的に自らの主張のうちに取り入れていた。与謝野晶子と平塚らいてうとの論争から始まった母性保護論争(1918-1919)は、フェミニズムにおける優生主義の影響をよく示す例である。優生主義の急速な浸透は、自然科学の法則として示された遺伝と進化のメカニズムに依拠しつつも、当時の社会の価値意識と規範に則っていたからである。多様な価値観が可能となる社会を形成するには、自然科学上の知見の社会的受容のあり方についても考慮する必要があるだろう。 続きを見る
5.

論文

論文
柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi
出版情報: 現代社会研究.  9  pp.79-91,  2006-12-26.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/381
概要: 本稿では、日本社会における中絶の意味と役割の変化をたどり、胎児の性による中絶を手がかりに、優生主義について検討することを目的とする。江戸時代末期まで、中絶は家族計画の手段の一つとして、女性たちの間で処理されてきた事柄であった。しかし、明治政 府成立後、中絶は、1880年の堕胎罪の創設を経て、1940年、国民優生法によって非合法化された。この法では、「国民素質ノ向上ヲ期スル」という言葉に当時の優生思想の影響を見ることができる。そして、この流れを受け継ぐ形で制定された優生保護法では、中絶は人口政策および優生主義の実践の一環として機能することとなった。優生主義が問題となるのは、これが既存の社会構造にある差別的な状況を反映し、これを強化する傾向にあるからである。胎児の性を理由とする中絶が示すように、中絶は、女性の身体への自由を超えて、優生主義的な個人の「欲望」を実現する医学的手段ともなりうるのである。<br />This article aims to make clear the change of the sense of abortion, from one of the means of birth control to a way of a practice of selection of fetus. The group of disability people in 1970's Japan opposed to the activists of "Women's Lib (Women's Liberation)", insisting that the selective abortion makes a society which tolerates to eliminate many handicapped people, and that women's right of abortion permits it. Accepting their accusation, women activists have arrived to the position that "want to have a child is egoistic, want not to a child is also egoistic". But the progress of medical technology makes possible to select a fetus, either avoiding the physical state undesirable, or choosing the sex desirable. And the new eugenics, especially called "laissez-faire eugenics", describes the prenatal diagnostic as the hopeful and useful technology, because it realizes a society in which people do not have any painful future having a child undesirable. We can see a moral difficulty of new eugenics by reason of admitting the condition of elimination of the fetus, which reflects the disability in this society and the inequality of female. 続きを見る