close
1.

論文

論文
太田, 貞司
出版情報: 京都女子大学生活福祉学科紀要.  015  pp.13-21,  2020-02-20.  京都女子大学家政学部生活福祉学科
URL: http://hdl.handle.net/11173/2954
概要: 日本の介護福祉(care work)実践は独自の蓄積を持つようなった。また介護福祉の理論構築の試みも多く行われてきた。しかし,介護福祉における「日常生活」支援の学問的対象となる「事象」について,いまだ一致をみていないように思われる。本稿の目 的は,介護福祉実践の蓄積を踏まえて,介護福祉の学問対象となる「事象」を検討することである。1990年代後半から2000年代における「事象」を巡る論争を3つに区分した。「看護の立場」(A),「福祉の立場(ソーシャルワークの立場)」(B),「第三の立場」(C)。AとCに関しての検討はすでに終えた。本稿ではB を検討し,論争となった「日常生活」の概念を吟味し,「日常生活」と「社会生活」,「日常生活」と「日常生活の営み」などの理解に混乱があることを示した。 Japanese care work practices seem to have their own accumulation. There have also been a number of attempts to build the theory of care work. However, it seems that there is no consensus yet on the phenomenon which are the academic objects of “daily life” support in care work. The purpose of this paper is to examine the “phenomenon” that are the objects of care work based on the accumulation of care work practices. The arguments over the object from the late 1990s to 2000s were divided into three categories. “standpoint of nursing” (A), “standpoint of welfare” (B) and “standpoint of the third party” (C). The discussion on A and C has already ended. This paper discussed B, examined the controversial concept of “daily life”, and demonstrated the confusion in understanding between “daily life” and “social life”, “daily life” and “operation of daily life”. 続きを見る
2.

図書

図書
小池清廉著
出版情報: 京都 : 晃洋書房, 2020.1
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
現代教師養成研究会編
出版情報: 東京 : 大修館書店, 2020.2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
全国特別支援学校長会, 全国特別支援教育推進連盟編著
出版情報: 東京 : ジアース教育新社, 2020.2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
白崎朝子著
出版情報: 東京 : 現代書館, 2020.4
所蔵情報: loading…
6.

論文

論文
太田, 貞司
出版情報: 京都女子大学生活福祉学科紀要.  014  pp.7-14,  2019-02-20.  京都女子大学家政学部生活福祉学科
URL: http://hdl.handle.net/11173/2822
概要: 本稿は「「介護福祉実践」事象をめぐる論争:1990 年代後半- 2000 年代」の続編である。1990 年代後半から2000 年代に,要介護者の「日常生活の営み」という事象への介護福祉の支援を巡って,介護は,1)看護とする看護の立場,2)社 会福祉の支援を含むという立場,3)両者ではない第三の立場の3 つの方向から議論があった。本稿の目的は,1)看護の立場の髙木和美の見解と3)の第三の立場の野中ますみの見解を,彼らの文献を通して検討し,両者の見解の同一性と差異を明らかにし,介護を看護と捉えた考え方を吟味することである。髙木は看護ととらえ,野中は,看護と「同種」だが,長期ケアには介護福祉の役割があるとみた。しかし,両者には日本における介護福祉実践の史的な展開をもとにした議論が欠けていた。This thesis is a sequel of “Debate on the implementation of care work”. From late 1990s to 2000s, there was a debate over the support of care work for people in need of care for the phenomenon of “everyday life” from 3 standpoints, 1, the standpoint from the person who provide nursing care, 2, the standpoint of supporting the social welfare, 3, the third stand point that was neither 1 or 2. The purpose of this thesis is to examine the understanding of the standpoint of nursing care by Kazumi Takagi and the understanding of standpoint of neither by Izumi Nonaka to clarify the similarities and differences of the understanding of care work for people in need of care. Takagi understood it as nursing care and Nonaka understood it as “the same type” as nursing care but long term care takes the role of care work for people in need of care. However, both lacked the discussion of historical development of the practice of care work for people in need of care in Japan. 続きを見る
7.

図書

図書
福祉臨床シリーズ編集委員会編 ; 東康祐, 原葉子責任編集
出版情報: 東京 : 弘文堂, 2019.3
シリーズ名: 社会福祉士シリーズ / 福祉臨床シリーズ編集委員会編 ; 13
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
木下衆著
出版情報: 京都 : 世界思想社, 2019.2
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
高橋絵里香著
出版情報: 東京 : 青土社, 2019.4
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
結城康博著
出版情報: 東京 : 岩波書店, 2019.9
シリーズ名: 岩波ブックレット ; no. 1008
所蔵情報: loading…