close
1.

図書

図書
[徳富猪一郎著] . [堺利彦著]
出版情報: 東京 : 日本図書センター, 2016.5
シリーズ名: 文献選集近代の親子問題 / 広井多鶴子, 鈴木智道監修 ; 第1期 . 親子関係と子育ての変容||オヤコ カンケイ ト コソダテ ノ ヘンヨウ ; 2
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
野依智子著
出版情報: 東京 : 明石書店, 2010.2
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
土屋元作著 . 樗渓道人編輯
出版情報: 東京 : 日本図書センター, 2010.6
シリーズ名: 近代日本生活文化基本文献集 : ひと・もの・住まい / 内田青蔵監修 ; 第1期第1巻
所蔵情報: loading…
4.

論文

論文
宮副, 紀子 ; MIYAZOE, Noriko
出版情報: 現代社会研究.  11  pp.165-174,  2008-12-15.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/407
概要: Emily Brontë の『嵐が丘』は、とりわけ翻案作品において、Catherine と Heathcliff の悲恋物語であるとされることが多い。しかし、Catherine と Heathcliff の成長過程(とりわけ親子関 係)を考察すると、二人の成長のプロセスの相違ゆえに、お互いへの思いの質が異なっていることに気づく。つまりふつうの悲恋関係とよべるものではないのだ。しかも、Catherine と Heathcliff がその相違をお互いに理解できないからこそ、ますます激しくぶつかりあい、苦悩することになるのではないだろうか。本論では、Catherine と Heathcliff の関係とともに、Hindley の成長も考察することにより、第一世代の物語から第二世代への時の連なりが意味することも考えて見たい。<br />It is often said that Wuthering Heights is a passionate love story about Catherine and Heathcliff, which could be universally agreed upon. But when this novel is read focusing on how they grew up and the relationship they had with their parents or guardians, one can see how different their feelings are toward each other, and how difficult it is to call their relationship a romantic love. In other words, Catherine's anguish is caused by a lack of understanding by her father, therefore she is anxious to find someone else who understands and really trusts her so that she can establish her identity. This is why Heathcliff came to be the most precious person for her. As for Heathcliff, when he was very young he was able to build a relationship of mutual trust with Mr. Earnshaw, and also with Catherine until he knew her engagement to Edgar. Since he was able to do this, he could establish his identity. For Heathcliff, Catherine is a romantic lover. They loved each other with an extreme passion, but the way they loved each other was so different it caused huge misunderstandings which led to the destruction of the two households. On the other hand, the second generation, Cathy and Hareton, was able to rebuild the household through a calmer love built on understanding. Through this sequence of events within these two generations, the overall theme of the story can be revealed. 続きを見る
5.

論文

論文
蒲生, 孝治 ; GAMO, Takaharu
出版情報: 現代社会研究.  11  pp.29-49,  2008-12-15.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/410
概要: 子ども達の日常的なエコ行動に家庭が及ぼす役割は極めて大きい。京都女子大学生に対するアンケート調査結果によると「家庭のしつけが厳しかった人でエコ行動をとる」対「家庭のしつけが厳しくなかった人でエコ行動をとる」の割合は、寮生では85%対89%、 下宿生では92%対84%に対して、自宅生では87%対64%であった。自宅生が家庭でのしつけの影響を最も受けており、寮生はしつけが厳しくなかった人ほどエコ行動を取っている。これは、寮生活では家庭以上に厳しいしつけを受けているからであろう。小学4年児童に対する家庭での環境教育の影響に関して、夏休みの宿題として課した「エコ帳」記載の調査結果から、「一人でできること」では節水、節電、ごみ分別の順で、また「家族と一緒にできること」ではエコな食事、水の再利用、冷蔵庫の省エネ利用の順で、また「外でできること」ではマイバッグの持参、出かける前にはコンセントを抜く、公共交通機関利用の順で行われたものが多かった。これらはすべて、家族を巻き込んで行うエコ行動であり家族の協力が不可欠であることを示している。このように、家庭での環境教育やしつけ、そして家族との共同エコ作業が大学生や小学児童のエコ行動に潜在的実践力を与えている。また同時に、多くの児童の家庭で行うエコ行動に、家族の協力が見られることから、児童が小学校で学んできた地球環境への知識は、基盤となる家庭での環境意識の向上や実践活動に大いに影響を及ぼしている。<br />We can say that home training plays an important role in the child's daily ecological behavior. This fact is backed by our investigations. We conducted two surveys. One is for Kyoto-Women's University students and the other covers the fourth grade pupils. From these surveys, we can clear up the affections of environmental education which is done at home. The result of the questionnaire survey to Kyoto-Women's University shows us that living at home students are most affected the home training whether they do ecological life or not. From the results of pupils, we see what they can do as ecological action through the "Eco-Cho". Pupils choose the items under three heads (achieved by yourself, with their family and in outside). We figured that items what they done were achieved with their family, in other words, we cannot do the ecological life without family cooperation. From these results as identified above, it can be referred that practicing the ecological action needs relationship between school institution and home. At the same time, we can say that environmental literacy which cultivated from school has the strong affections to their family to improve their ecological mind and practice for the ecological way of life. 続きを見る
6.

図書

図書
[周郷博, 清水慶子責任編集]
出版情報: 東京 : 日本図書センター, 2007.5
シリーズ名: 文献選集現代の親子問題 / 広井多鶴子, 小玉亮子監修 ; 第1期 . 子育てのエージェント||コソダテ ノ エージェント ; 2
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
古川繁子, 中川英子編著
出版情報: 東京 : 学文社, 2006.4
シリーズ名: シリーズ事例で学ぶ ; 9
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
上笙一郎, 山崎朋子[ほか]著
出版情報: 東京 : クレス出版, 2006.11
シリーズ名: 家庭文庫 / 上笙一郎, 山崎朋子編纂 ; 別冊解説
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
序説: 「女性叢書」出版の意味と歩み 上笙一郎, 山崎朋子著
成瀬仁藏著『新婦人訓』 中嶌邦著
宮田脩著『良妻賢母論』 深谷昌志著
嘉悦孝子著『家政講話』 湯沢雍彦著
和田垣謙三著『家庭経済』 長谷川かおり著
保岡勝也著『理想の住宅』 仙田満著
吉岡弥生著『家庭衛生』 猿渡土貴著
石川千代松著『家庭博物』 幡鎌真理著
藤波芙蓉著『新美裝法』 山崎朋子著
松浦政泰著『家庭の娯楽』 上笙一郎著
島村抱月著『芸術講話』 関口安義著
三田谷啓著『児童の教養』 上笙一郎著
高木敏雄著『童話の研究』 尾崎るみ著
序説: 「女性叢書」出版の意味と歩み 上笙一郎, 山崎朋子著
成瀬仁藏著『新婦人訓』 中嶌邦著
宮田脩著『良妻賢母論』 深谷昌志著
9.

図書

図書
重信幸彦著
出版情報: 東京 : 久山社, 2003.1
シリーズ名: 日本児童文化史叢書 ; 34
所蔵情報: loading…
10.

図書

図書
日本生活学会編著
出版情報: 東京 : ドメス出版, 2003.9
シリーズ名: 生活学 / 日本生活学会編 ; 第27冊
所蔵情報: loading…