close
1.

論文

論文
戸田, 真紀子
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  013  pp.45-68,  2019-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/2848
概要: As previous research has shown, violence against women and girls, known as sexual and gender-based violence, SGBV, is continuous from peacetime to wartime. Women and girls become the victims of violence not only in wartime, but rather they experience rape, harassment, and other sexual crimes even in peacetime. In other words, men who damage women’s rights in peacetime often become perpetrators of more atrocious crimes in wartime. Moreover wartime violence against women and girls is more frequent in patriarchal societies. The reasons for this are, firstly, that pre-existing prejudices against women and neglect of women’s rights in these societies are amplified in wartime, and secondly, that in such societies, the violence against women and girls in wartime is considered to be a “weapon of war” because it dually damages the honor of the enemy’s men. Using case studies from Bosnia, Rwanda, East Timor, Sierra Leone, Nigeria and Japan, this article, therefore, argues that it is essential to empower women and girls in peacetime in order to eradicate violence against women and girls in wartime. To end violence against women and girls in wartime, it is necessary to start taking action in peacetime. In particular, letting women participate in the post-conflict peacebuilding process, punishing the perpetrators of wartime SGBV, and, finally, reforming patriarchal societies themselves are crucial in this regard. 続きを見る
2.

論文

論文
工藤, 正子 ; KUDO, Masako
出版情報: 現代社会研究.  017  pp.81-94,  2014-09-10.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/2137
概要: 本稿の目的は、多文化社会におけるケアとエスニシティ、ジェンダーの交差について、英国のパキスタン系移民のケアを事例に検討することである。英国のパキスタン系移民社会では現在、高齢期を迎えた一世の介護が課題となりつつある。本稿ではパキスタン系の移 住プロセスと英国における社会経済的地位を明らかにしたうえで、移民の高齢者が直面する経済的およびその他の格差を指摘する。つぎに、公的介護支援の利用における問題とそれに関連して出現した文化的に配慮したサービスについて述べる。後半では、英国の介護政策でいっそうの重要性を帯びてきた家族による介護に焦点をあてる。まず、パキスタン系の家族の諸特徴とそこで親のケアがどのような行為から構成されているかを示したうえで、家族内におけるケア責任の配置について述べる。つづいて、女性に期待される役割を議論し、結婚や就労をめぐる変化のなかで女性たちがケア役割をどう捉え、実践しているのかを聞き取り調査の結果をもとに議論する。最後に、議論を総括し、それが示唆するところを考察する。<br />The aim of this paper is to explore how ethnicity and gender intersect in the practices of elderly care in multicultural contexts through the case of Pakistani community in the UK. First, the process of Pakistani migration to the UK and the socio-economic status of these migrants are examined, followed by the exploration of the economic and other disadvantages that Pakistani elderly experience. The paper also discusses various problems for Pakistani elders to use the care provided by statutory services and the possibilities and constraints of culturally sensitive services. The paper then focuses on family care which has been emphasized in the state welfare policies. In order to explore how care is undertaken within families, the paper discusses the dynamic changes taking place within British Pakistani families, followed by an explanation of how caring obligations are distributed, often unevenly, among family members. By referring to interview data collected in the city of Birmingham in 2012 and 2013, this paper sheds light on how women in particular negotiate their caring roles and how factors such as their economic activities and changing marital practices interplay with the ways in which they perform care. 続きを見る
3.

論文

論文
竹安, 栄子 ; TAKEYASU, Hideko
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科博士後期課程研究紀要.  8  pp.35-54,  2014-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/1629
概要: 2013年の人間開発指数(HDI)で日本は186か国中10位であったが、男女平等指数(GGI)は136か国中105位という惨憺たる結果であった。GGI の教育や保健分野では世界のトップクラスであるにも関わらず、ここまでGGI の順位が低くな った要因は経済活動と意思決定機関への女性参画の低さにある。特に国会(衆議院)における女性議員率が148か国中124位とアジアやアフリカの多くの国々よりも女性議員率が低いことが順位をここまで下げる大きな要因となっている。 日本は政治分野への女性の参画が世界の中で最も遅れた国の一つであるが、過去において日本の女性たちの政治への関心が必ずしも低調であったわけではない。戦前から婦人参政権運動をはじめ農民運動や労働組合運動などの政治活動に多くの女性が関与していた。また1946年4 月実施の第22回衆議院選挙は39人(女性議員率8. 4%)の女性が当選している。その後の労働組合運動や消費者運動、反戦平和運動、反公害・環境保全運動など様々な市民運動にも幅広い層の女性たちが関与していた。しかし女性や女性団体の活動は、運動や組織の一部を構成しているものの政治活動の主流を占めることはなかった。 本稿は、日本における女性の政治活動が政治領域の周縁に留まったままで、なぜ政治活動の中心部分へと展開していかなかったのか、という疑問を解明するため、戦後期の地域婦人会の活動の実態とその限界をフェミニズムの視点から分析した。<br />Although Japan was in the 10th out of 186 countries for HDI in 2013, the result for GGI was very poorly performed, the 105th out of 136 countries. Since her GGI rankings on educational and health rights has been reported to be the world top level, the reasons for such an inadequate GGI position is the significantly low women' s participation into economic and political spheres. One of the obvious examples is the women proposition of National diet member, which is in the 124th out of 148 countries, lower than the most of the countries in Asia and Africa. According to these reports, while Japan is the one of the most advanced countries, she is the latest country in the world in terms of gender gap. However, this does not mean that Japanese women have not been active in the political spheres. Many women worked in the women' s suffrage as well as the tenant farmer movements and the labour movements before the WWII. 39 women candidates( 8. 4% of the members) were elected at the 22th general election on April 1946 which was the first after women gained the franchise, and women from various background has been participating in various activities. However, the women' s participation remains peripheral and has not made the main stream of the political activities. Here, I discussed why women' s political participation in Japan has not reached the center of politics from the view point of feminism through the analyses on the activities and leader of regional women' s groups in Tottori prefecture. 続きを見る
4.

論文

論文
MINAMINO, Kayo
出版情報: 京女法学.  005  pp.49-75,  2013-12-31.  京都女子大学法学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/1564
5.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  14  pp.65-72,  2011-12-26.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/456
概要: 少子高齢人口減少社会の中で女性の就労や共働きが求められている。リーマンショック後の経済的低迷の中で、就労に関する男女の意識と実態を把握、分析し、近年の変化を大阪市在住の市民3000人の調査からみた。回答者の3割が65歳以上で就業者数が減少す る一方、女性は家事専業が減少。女性は正規雇用が増え、反対に男性は非正規雇用が増加。年代別では20代女性の非正規化の一方、10年以上就労者が増加している。就労理由は男女で近づき、これまで税や社会保障の控除のために自ら制限してきた既婚女性の働き方が変化、世帯収入に占める女性の収入も増加している。また男女の処遇では、男女とも男女差は無いとするものが大きく増加している。仕事と生活の両立に向けては、子育て中に働きやすい職場、保育サービスの充実、家事・育児の夫の協力は男女とも同じだが、4位に女性は非正規社員の労働条件、男性は労働時間の短縮をあげ、実態からの要望が見られる。<br />There is in need of women's work in the old aged and depopulated society. We researched and analyzed on the consciousness and the realities of men & women with respect to work about 3000 peoples in Osaka-City in recession. House-wives reduce, and women who work regular increase. The other hand, men who work regular reduce. The reason of work comes near between men and women. 続きを見る
6.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  13  pp.89-108,  2010-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/442
概要: 都市域の拡大は職住近接の生活から郊外居住地と都心職場の空間的分離を生み出し、男女や家族の生活に大きな影響を与えている。どのような住居、職場、都市構造が男女の社会参画を容易にし、男女共同参画社会にハード面からつなぐことができるか。個別空間だけ でなく、それを超えて都市の空間を統合的に男女共同参画社会との関係性を捉えたいとする試みである。本研究はまず女性の社会進出と住居、職場、都市構造の変化がどのような関係にあるかハード面から大阪市と大阪都市圏、戦後から1975年以降を中心に分析した。住居の間取り、職場のオフィスビル、通勤・外出の移動空間、保育所の配置の変遷などから、都市構造、居住環境、子育てしながら働き続けられるまち、オフィス環境、社会参画を支える都市機能から、それぞれにハードの変遷と男女共同参画は個別にまた総体的相互に関係しており、より良い都市へと変化、進展していることが明らかになった。<br />The expand of city area separated workplace in city & house in the suburbs from house with workplace in city. That separation serious influenced the life of men & women and families. We analysis the relations between changing women's social participation and houses, workplaces, urban structure in hardware at Osaka City and Osaka large City Area about today from after the War. As a result, we found that the plan of housing, the plan of office buildings, commuting trains, arrangement of nurseries, the change of each hardware related separately and synthetic. So the change of city evolves the better life & better city. 続きを見る
7.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  13  pp.135-142,  2010-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/451
概要: 都市の安全と男女共同参画に関わる女性政策はこれまで別の課題として論じられ、別の政策が立てられてきた。安全は多くの市民に関わるが、女性が安全、安心に生活できることは多くの市民が安全、安心できる生活であり、それが都市の発展の基盤となることを意味 する。安全は都市生活の中で日常の詳細な部分に現れる。女性政策の社会サービス部門だけでなく、都市の施設や設備、建築物、構造物などの計画・設計を変更するという、統合的な政策を打ち出しているのが、韓国・ソウル市の「女幸プロジェクト」である。ウーマン・フレンドリー・シティ、つまり女性にやさしい都市づくりをめざす「女幸プロジェクト」の成立過程と現在までの成果を見た。ガイドラインを作成しながら実際の構造物の建設に反映させていくこと、また女性市民が専門家と共に指標作成に参画することで自らの行動と変革を体験することにより、プロジェクトの成果を高めている。また女性を視点においたビジョンにより都市を発展させようとするグローバルな都市戦略としての女幸プロジェクトといえる。<br />The Women Friendly Seoul Project means to make Seoul, make Women Happy. This project is Launching 3 directions, new women's policy "Happiness beyond Equality", realizing policies of Seoul Metropolitan government based upon women's perspectives and experiences, establish a comprehensive promotion system for Seoul city including autonomous districts. The goal is to promote Women-Friendly urban environment. The required item in Women-Friendly Facilities are 6, parking area, restroom, street, park, apartment, workplace. 続きを見る
8.

論文

論文
南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo ; 澤, 敬子 ; SAWA, Keiko
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.125-142,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/423
概要: 本稿は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2008年2月~3月および2009年2月にオーストラリア、ニューサウスウェールズ州(NSW)シドニーにおいて実施した調査に基づき、オーストラリアにおける法曹継続 教育についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。まず、オーストラリアにおける、法曹の階層化と法曹一元制度を特徴とする英国型の法曹制度、法曹養成について、ジェンダーの側面も交えて概観する。次に、とくにNSWにおけるソリシターの継続教育のあり方について、弁護士会によるプログラムは、法令に沿って差別につきセミナーが提供されていること、法曹人口の半数に迫る女性法曹のニーズに応えるものであるとともに、専門家の私的自治としての継続教育には限界もあることが指摘される。裁判官の継続教育について、NSWの特徴的な独立委員会である司法委員会の設置経緯と任務をみる。情報提供や教育内容から、裁判官の独立と教育、司法の独立と市民の信頼について考察する。<br />As one of the results of the research project, "International Comparative Research on the Process of Developing, Implemeting, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a three year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research) , this article addresses continuing legal education system in New South Wales, Australia, which is a leading system in Australia, as well as it is expected to be a model for the Asia-pacific region. Mainly focusing on the solicitor's continuing legal education and judicial education, this article finds gender issues are programmed not as a theoretical matter, but as matters of interpretation of statutes and practical court management. As such, gender programs have their own place, and that is because Australia has a comprehensive legal system on gender issues. 続きを見る
9.

論文

論文
澤, 敬子 ; SAWA, Keiko ; 柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi ; 南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.53-70,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/432
概要: 本報告は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2008年11月、2009年2月に、フランス共和国において実施した調査に基づき、フランスにおける法曹継続教育(Continuing Legal Educati on, CLE)についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。フランスにおいては、公務員である司法官(裁判官・検察官)の継続教育は、司法官養成の国家機関でもある国立司法学院(Ecole Nationale de la Magistrature)が担当し、各地の裁判所と連携を取りながらこれを行っている。受講者は、年間200以上のテーマの中から、自分に必要なテーマを選び無料で受講できる。弁護士に対しては、弁護士が所属する各地の弁護士会が行っている。どちらも近年、義務的なものとなった。近年のフランスにおいては、パリテ法の制定などによる政治部門への女性の参加の進展、法曹における女性割合の目覚しい増加が見られるが、一方で、国立司法学院の継続教育のコースでは、ジェンダーに関する諸問題に対応する個別立法などが行われれば当該法を扱う個別コースが提供されるが、ジェンダー法学/理論のみが取り扱われるコースは現時点では存在しない。<br />As one of the results of the research project "International Comparative Research on the Process of Developing, Implimenting and, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a 3 year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research), this article focuses on an investigation done in France on gender perspectives in the Continuing Legal Education (CLE) in 2008-9. In the article, explained are the systems and programs of CLE for French magistrates (judges and prosecutors) and lawyers, and the appreciations given by them. We found no program which treats, especially and exclusively, "gender and law" or gender theory. 続きを見る
10.

論文

論文
南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo ; 内藤, 葉子 ; NAITO, Yoko ; 澤, 敬子 ; SAWA, Keiko
出版情報: 現代社会研究.  11  pp.95-114,  2008-12-15.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/420
概要: 本報告は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2007年7月にドイツ連邦共和国(以下ドイツ)において実施した調査に基づき、ドイツにおける法曹継続教育についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。 裁判官・検察官などの公務員についての継続教育は、国内に二ヶ所あるリヒターアカデミーが行っており、義務的なものではないが実質的な効果を持っていると考えられること、弁護士については、専門弁護士制度が継続教育の役割を果たしていることが明らかになった。ジェンダーにかかわる諸問題に対応する個別立法などが行われれば、当該法を扱う個別コースが提供されるが、いずれにおいても、ジェンダー法学/理論のみが取り扱われるコースは常設されていない。また、法曹全般に対して任意の団体による多様なセミナーが提供されており、それらセミナーも継続教育機能を果たす非公式の機会提供であることが明らかになった。<br />As one of the results of the research project "International Comparative Research on the Process of Developing, Performing, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a 3 year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research), this article focuses on an investigation done in Germany on gender perspectives in the Continuing Legal Education (CLE). In the article, explained are the systems and programs of CLE for judges, prosecutors and lawyers and the evaluations given by them. We found no program which treats, especially and exclusively, "gender and law" or gender theory. 続きを見る