close
1.

論文

論文
大谷, 俊太 ; 山中. 延之 ; 加藤, 弓枝 ; 大山, 和哉 ; 藤原, 静香
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.1-74,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3228
2.

論文

論文
梶山, 柚輝
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.75-90,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3229
3.

その他

その他
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3230
4.

論文

論文
中前, 正志
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.121-148,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3231
5.

論文

論文
山中, 亜紗子
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.91-119,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3232
6.

その他

その他
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3233
7.

論文

論文
Shimomura, Fuyu
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.71-103,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3234
概要: Given that many EFL learners tend to struggle with understanding spoken English, some scholars identified the pedagogica l potential of shadowing and visual shadowing for improving listening comprehension. This paper explores whether dif ferent ar ticulation rates for visual shadowing af fect the improvement in EFL learners’ top-down and/or bottom-up processing, and how other factors such as improvement in prosody or articulation rates influence student English listening comprehension. Given that some research findings from this study (i.e. shadowing helped both higher and lower proficiency learners) contradict the major research findings on shadowing, the author analyzes the potential factors that led to these discrepancies. 続きを見る
8.

論文

論文
Campbell-Larsen, John
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.41-70,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3236
概要: Expressing quantity in English is an area replete with complexity, irregularity, fuzzy categories and nuances of usage that pose a hurdle for many English language learners. This paper describes some of these complexities that underlie seemingly straightforward binary categories such as the mass/count and singular/plural distinctions. The paper will also describe other aspects of quantification such as the usage of much and many in questions versus propositional statements and the expression of vague amounts. The aim is to reveal the complex conceptual, grammatical and pragmatic factors that bear on any expression of quantity in English. 続きを見る
9.

論文

論文
谷, 光生
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.1-15,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3237
10.

論文

論文
山田, 雅彦
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  pp.1-26,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3238
11.

その他

その他
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3239
12.

論文

論文
井上, こころ
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  pp.41-50,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3241
13.

論文

論文
谷口, 淳一
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  pp.27-40,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3242
14.

その他

その他
出版情報: 発達教育学研究 : 京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要.  015  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3243
15.

論文

論文
山岡, 由実 ; 岩原, 昭彦
出版情報: 発達教育学研究 : 京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要.  015  pp.11-21,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3244
16.

論文

論文
小川, 須美江
出版情報: 発達教育学研究 : 京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要.  015  pp.1-10,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3245
17.

論文

論文
前田, 紗彩 ; 岩原, 昭彦
出版情報: 発達教育学研究 : 京都女子大学大学院発達教育学研究科博士後期課程研究紀要.  015  pp.23-33,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3246
18.

論文

論文
嘉本, 伊都子
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.43-58,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3247
概要: 明治国家は、1872年に壬申戸籍を作成し、結婚や離婚を新たな近代的な制度でコントロールを開始した。同年いわゆる芸娼妓解放令を国際的な対面上出すも、それは新たな近代的公娼制度への布石でもあった。検黴をうけ、登録された娼妓のみが、客と性的な関係 を結ぶことができるシステムであった。大日本帝国の植民地拡大は、海外醜業婦と呼ばれる売春婦という国辱的な評価の拡大でもあった。その中には、湾妻、満妻とよばれる妾も含まれた。一方で写真花嫁も近代的な写真を交換して夫となる日本人男性のもとへ海をわたる花嫁たちもいた。花嫁であることを証明するためにハワイやアメリカの移民局では結婚式を挙げさせていた期間もあった。本稿は20世紀初頭、なぜ花嫁は海を渡るのか、当時妻になるとはどのような意味をもったのかを解明する。移民局での挙式のスタイルは、神前結婚という「伝統の発明」に引き継がれ、花嫁の無事到着を知らせる結婚写真は、〈伝統〉と〈モダニティ〉の接合が移民先にスピンオフしたものととらえられるのではないか。写真は更なる憧憬をかきたて、連鎖していった。内地での伝統と近代性の接合と同時に、あるいはそれよりもはやく、海を渡ることで近代性を獲得していた可能性を示す。 The Meiji government controled marriage and divorce through koseki (family registration) since 1872. In the same year the emancipation of Geigi and Syougi (geisha girls and prostitutes) also came into effect; however, this also marked the beginning of the modern Licensed Prostitution System. Only Syougi who had passed an examination for venereal diseases and possessed a license could have intimacy with the customer. As the Empire of Japan had extended its power, Japanese prostitutes had also appeared in many regions and acquired a certain reputation. Some of them became concubines as Wantsuma in Taiwan and Mantsuma in Manchuria; meanwhile, many picture brides crossed the sea after exchanging photographs with their husbands-to-be. It was quite natural for Hawaiian and American authorities to suspect them of being prostitutes. In order to prove they were really wives, the authorities required them to have a wedding ceremony and have their picture taken at the immigration office. This paper will examine why brides crossed the sea. What kind of connotation did becoming a wife have in those days? The wedding ceremony at the immigration office might have affected the ceremony boom of the invention of Shinto style weddings in the early twentieth century. Spinning off from modernity is a key concept of understanding why brides crossed the sea. 続きを見る
19.

その他

その他
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3248
20.

論文

論文
水野, 義之
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.77-87,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3249
概要: AI(人工知能)を理解するために、人間側における「人間知能」の新たなモデルを提案する。このモデルは一種の仮説であり、実証的な証明の対象ではない。しかし他にはない新たなモデルであり、このモデルによって初めて現状のAI と、「人間知能」の関係を 理解することが可能となる。このモデルでは人間の知能を4 つの要素に分ける、すなわち知性、理性、感性、悟性の4 成分に「人間知能」を分解する。この4 成分は情報の5 形態であるデータ、情報、知識、知恵、統合という5 要素をつなぐリンク(間)の数4 である。この見方によって「科学」と呼ばれる知的な活動・知識生産の位置付けも初めて明確になる。この「人間知能」のモデルを使うことで初めて、旧来の哲学で知られるデカルトの理性もカントの認識論も位置付けることができる。すなわち広義の「情報」と「知能」という捉え所のないものの間の関係性が、本論文で明らかにされる。このため、この「人間知能」のモデル化は、今後AI 時代の情報学の教育改善のためにも有用であることが示される。 In order to understand AI (artificial intelligence) in a broader perspective, we propose a new model of “human intelligence”. This model is a kind of hypothesis and may not be subject to any proof. However, it is new and comprehensive, and it is this model that would make it possible to understand the relationship between the current AI and the “human intelligence”. In this model, human intelligence is subdivided into four components: namely intellect, reason, sensibility, and understanding. These four components coincides with the number of links that connects the five elements, namely data, information, knowledge, wisdom, and integration. These are of five forms of “information”. With this perspective at hand, we are now able to represent the so-called “science”, a knowledge production process. By using this model of “human intelligence” can Descartesʼs reason and Kantʼs idealism, known in traditional philosophy, be represented properly. In other words, the relationship between “information” and “intelligence” in a broad perspective is now clarified in this paper for the first time. Thereupon it is shown that this modeling of “human intelligence” will be useful for improving the education of informatics in the AI era in the coming future. 続きを見る
21.

論文

論文
坂爪, 聡子
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.15-23,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3251
概要: 本稿では、保育サービスの充実と男性の育児参加促進に注目して、2 対策が女性の賃金と子ども数の関係に与える影響を分析する。女性の賃金上昇は子どもの機会費用を増大させ、子ども数にマイナスの影響を与えると考えられている。しかし、保育サービス利用や 男性の育児協力が可能である場合、その影響は小さくなり、プラスになる可能性もある。本稿では、2 対策によって、女性の賃金が子ども数にプラスの影響を与える可能性がどのように変化するか分析し、その効果を比較する。本稿のモデルは基本的にはBecker(1965)の家計内生産に関するモデルを参考にするが、子どもの生産に投入される要素を、育児サービスと女性と男性の育児時間とする。ただし、簡単化のため、男性の育児時間は外生変数とする。以上のモデルを用いて、女性の賃金が子ども数に与える影響が、育児サービスの価格と男性の育児時間によってどのように変化するかシミュレーション分析を行う。本稿の分析から得られる主な結果は以下のようになる。子どもと他の消費財の代替可能性の程度によって効果的な対策は変化する。子どもの価値の相対化が進み、この代替可能性が異なる人が混在する状況では、育児サービスと親の育児時間の代替可能性を高める対策と併せた育児サービスの価格を低下させる対策は効果が期待できる。対して、男性の育児時間を増加させる対策は効果が小さい可能性がある。 This study aims to analyze the effect of the improvement of child-care service and the support of men in the care of children on the relation between the female wage and the demand for children. Assuming the use of child-care service and the help of men in the care of children, it is likely that an increase in the female wage increases the number of children. We will try to clear and specify the conditions that this occurs. Our model follows Becker (1965), but the inputs devoted to childcare are assumed to be the male time, the female time, and the child care service. For simplicity, the male time is assumed to be exogenous variable. Using our model, we analyze the effect of the charge for child-care service and the male time on the relation between the female wage and the demand for children. Our model shows that the effect depends on the elasticity of substitution between children and other consumer goods. When the elasticity of the people is diverse, the combination of the reduction of the charge for child-care service and the increase in the elasticity of substitution between the child-care service and the parental time is effective, while the increase in male time isnʼt much effective. 続きを見る
22.

論文

論文
木村, 優里
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.1-14,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3252
概要: 我が国では数年来、自殺が若年層に於ける死因の最も大きな割合を占めており、現代の若者が今一度「死」について考えることの重要性が高まりつつあると言える。死生学の領域においてはターミナルケアを皮切りに、死を見つめることにより生を充実させんとする考 え方が採用されてきた。現在ではデス・エデュケーションの概念も徐々に一般へ広まりつつあり、教育課程に於いてこれが取り入れられる試みも散見される。しかし、既存のデス・エデュケーションによる介入プログラムは、受講者が死について考えることやそれにより命のありがたさを実感させることを目的としており、どのような「死に纏わる経験」が個人の認知的枠組みに影響を与えるかということについて明らかにした先行研究は極めて少ない。本稿ではまず文献レビューを行い、先行研究に於いてこれまで「死生観」の要素として並列的に扱われてきた種々項目を、死を意識することの契機となる「死に纏わる経験」とその結果として個人が持つ「死のイメージ・死への態度」とに分類することで、「死に纏わる経験」が個人の「死のイメージ・死への態度」にどのような影響を与えるかについて考察した。次に「死のイメージ・死への態度」が個人の幸福観にどのように寄与するかについて明らかにすべく、インタビュー調査を実施した。インタビューでは「死に纏わる経験」のうち特に「身近な他者の死」が個人の幸福観にどのような影響を与えているかについて、死生観を切り口に分析を行った。「身近な人の死」という死に纏わる経験が宗教的信念や文化的価値観同様、個人の死生観を変容させ、その結果として幸福観に影響を与えている可能性ついて検討した。Suicide has been the leading cause of death for young people in Japan for several years, and it is becoming increasingly important for young people today to think about “death.” The field of thanatology has adopted the idea of enriching life by seeing death, starting with end-of-life care. Today, the concept of death education is gradually spreading to the general public, and there are some attempts to embed it in the education curriculum. However, existing death education programs are only aimed at helping students think about death and thereby recognize the value of life. Few previous studies have shown how “death-related experiences” affect an individualʼs cognitive framework. This paper first reviews the literature of the thanatology. The various items that have been treated in parallel as elements of the “view of life and death” in previous studies are classified into “death-related experiences” and “image of death/attitude toward death” hierarchically. We considered how the “death-related experience” would affect an individualʼs “image of death/attitude toward death.” Next, an interview survey was conducted to clarify how the “image of death/attitude toward death” contributes to an individualʼs view of well-being. In this interview, we analyzed the influence of “the death of others close to us” among the “experiences related to death” on the individualʼs view of well-being from the perspective of life and death. We examined the possibility that the death-related experience just like religious beliefs and cultural values transformed an individualʼs view of life and death, and as a result, affected the view of well-being. 続きを見る
23.

論文

論文
鳥谷, 一生
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.59-76,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3253
概要: アメリカ・トランプ政権下の2017年-2020年、米中経済摩擦は激化の一途を辿ってきた。本研究ノートでは、2000年10月に米議会内に設置されたThe US-China Economic and Security Review Commis sion の年次報告書及びその他文書に着目し、貿易・投資・国際金融の面から米中経済関係の現状に接近する。 The US- China economic conflict has got fiercely under the Trump administration for the past four years. This research paper is to focus on the economic relation between both countries in terms of trade, investment, and international finance. Especially, it takes up annual reports to the congress and other analytical papers issued from the US-China Economic and Security Review Commission which was created in Oct. 2000. Is it possible that the US-China economic relation can be de-coupled as the Trump administration envisaged? 続きを見る
24.

論文

論文
水野, 義之
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.89-98,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3254
概要: 2020年度前期のコロナ禍での遠隔講義で取得したアンケート結果と、YouTube 上の講義VOD(Video On Demand)教材のアクセス結果を分析した。ここでアクセスログの取得にはYouTube のコンテンツ作成で標準的に得られるA nalysics データを利用した。分析の結果、遠隔講義は教師の想定以上に、学生には多くの長所・短所があることが判明した。またその傾向は講義VOD のアクセス分析(ラーニング・アナリティックス分析)でも実証的に示された。特にVOD 教材のアナリティックス分析からは、学生の学習行動について多くの新知見が得られることも明らかとなった。本報告では、それらの知見を具体的なデータで示し、また考察を記述した。 Results are analyzed of the questionnaire obtained from the distance lectures in “Corona” Period (COVID19) during the first half of 2020, as well as of the access log for the lecture VOD’s (Video On Demand) on YouTube. In order to obtain the access log of YouTube contents, use is made of the so-called “Analysics” obtained as standard when creating YouTube content. As a result of the analysis, it was found that the distance lectures have numerous and noteworthy advantages on top of the disadvantages, both of which may be beyond imagination, for the students more than the teachers anticipated. The tendency was also in accord with the access log analysis (“learning analytics” analysis) of the lecture VOD. In particular, the analytics of VOD materials have revealed that many new findings can be obtained regarding the student’s learning behavior. In this report, these findings are shown with the statistical data, and the discussions heretofore discovered are described. 続きを見る
25.

論文

論文
Kimura, Marianne
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.17-40,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3235
26.

論文

論文
植松, 正
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  pp.1-60,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3240
27.

論文

論文
ポープ, クリス・G.
出版情報: 現代社会研究科論集 : 京都女子大学大学院現代社会研究科紀要.  015  pp.25-41,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3250
概要: 本研究は、世界中、特に欧州連合と英国において、民主主義の衰退と破壊を説明するために広く用いられている「脱政治化」理論が日本の政治にも適用できるということの実証を目的としている。そのために、ガバナンス、社会(又は社会関係)、言説という3 つの 分析領域にわたって、日本における脱政治化を評価する。脱政治化理論の研究には方法論と概念の一貫性に対する疑問が残っているが、脱政治化理論そのものは明らかに日本の政治に適用可能である。さらに、本研究では、脱政治化理論を様々な政体に適用することが、脱政治化の概念を洗練し、その複雑さを理解するために実りの多い且つ必要な手段であることを議論する。それと同時に、様々な政体がどのような類似性を共有しているか、共有していないかということを強調することによって、世界的な民主主義の衰退の多様な原因がどのように組み合わせられているかを理解することができるのである。確かに、国際政治経済への新自由主義的変化が脱政治化につながったという主張は、様々な政治組織や国家に適用しなければ実証できない。さらに言えば、脱政治化研究にとって研究対象を広く求めることは、ポピュリズム、権威主義、そしていくつかの国においては原ファシズム(proto-Fascism)に基づくガバナンスの新しい形態が近年台頭するなかで、近い将来に多くの国々において起きる政治変化の性質を効果的に概念化するために必要である。したがって、この研究分野に貢献するために、本研究は脱政治化理論と日本政治研究との両立性の論証を試みている。 This article aims to demonstrate that depoliticization theory, a theory that has been widely used to explain the enervation and destruction of democracy all over the world, particularly in the European Union and United Kingdom, is also applicable to Japanese politics. The article does this by assessing depoliticization in Japan across three separate analytical domains: governance, society (or social relations) and discourse. It argues that although there are conceptual and methodological limits to depoliticization theory itself, it is clearly applicable to Japanese politics. Further, the article argues that applying the theory to different polities is a fruitful and necessary means to refine the concept and to understand its complexity. At the same time, it allows researchers to understand how the various causes of democratic decay across the world combine by highlighting what similarities are shared across polities and what are not. Indeed, claims that neoliberal changes to the international political economy cause depoliticization cannot be substantiated without applying depoliticization to a wide array of political organizations and nations. Moreover, this multiplicity is necessary for depoliticization research to effectively conceptualize the nature of political change that many countries take in the near future with the recent rise of new forms of governance based on populism, authoritarian and, in some countries, even proto-Fascism. Therefore, to contribute to this research area, the article seeks to demonstrate its compatibility with Japanese political research. 続きを見る
28.

学位論文

学位
李, 現
出版情報: 2021-03-15. 
URL: http://hdl.handle.net/11173/3298
29.

学位論文

学位
大原, 眞弓
出版情報: 2021-03-15. 
URL: http://hdl.handle.net/11173/3299
30.

学位論文

学位
土井, 彩容子
出版情報: 2021-03-15. 
URL: http://hdl.handle.net/11173/3297
31.

論文

論文
天野, 聖子
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.181-187,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3273
32.

論文

論文
大川, 尚子 ; 岩﨑, 保之
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.101-111,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3274
33.

論文

論文
椋本, 久雄
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.173-179,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3275
34.

論文

論文
村井, 尚子
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.47-60,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3276
35.

論文

論文
瀬々倉, 玉奈 ; 清水, 文
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.121-134,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3277
36.

論文

論文
宮内, 晴加 ; 丹羽, ひとみ ; 長谷川, 梨紗 ; 野尻, 麻衣子 ; 難波, 正明
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.85-99,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3278
37.

論文

論文
大門, 耕平 ; 坂井, 武司 ; 中島, 晃貴
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.135-143,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3279
38.

論文

論文
阿部, 直美
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.189-196,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3280
39.

論文

論文
仲辻, 真帆
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.71-84,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3281
40.

論文

論文
日下部, 任良
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.113-119,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3282
41.

その他

その他
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3283
42.

論文

論文
築地, 典絵
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.161-171,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3284
43.

論文

論文
水戸部, 修治
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.33-46,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3285
44.

論文

論文
石田, 秀雄
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.61-69,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3286
45.

論文

論文
岡林, 典子 ; 山野, てるひ
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.1-15,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3287
46.

論文

論文
大門, 耕平 ; 坂井, 武司 ; 中村, 隼規
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.145-159,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3288
47.

論文

論文
谷川, 至孝
出版情報: 京都女子大学教職支援センター研究紀要.  003  pp.17-31,  2021-03-10.  京都女子大学教職支援センター
URL: http://hdl.handle.net/11173/3289
48.

論文

論文
大原, 眞弓
出版情報: 史窓.  078  pp.93-110,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3137
49.

論文

論文
坂口, 満宏
出版情報: 史窓.  078  pp.25-46,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3138
50.

論文

論文
谷口, 淳一
出版情報: 史窓.  078  pp.115-145,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3139
51.

論文

論文
告井, 幸男 ; 木本, 久子 ; 中村, みどり ; 林原, 由美子
出版情報: 史窓.  078  pp.111-126,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3140
52.

論文

論文
告井, 幸男
出版情報: 史窓.  078  pp.81-92,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3141
53.

論文

論文
梶川, 敏夫
出版情報: 史窓.  078  pp.167-177,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3142
54.

論文

論文
本田, 毅彦
出版情報: 史窓.  078  pp.75-99,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3143
55.

論文

論文
箱田, 恵子
出版情報: 史窓.  078  pp.47-74,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3144
56.

論文

論文
小原, 嘉記
出版情報: 史窓.  078  pp.1-16,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3145
57.

論文

論文
藤本, 猛
出版情報: 史窓.  078  pp.59-79,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3146
58.

論文

論文
山田, 雅彦
出版情報: 史窓.  078  pp.101-113,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3147
59.

論文

論文
頼, 順子
出版情報: 史窓.  078  pp.147-165,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3148
60.

論文

論文
梅田, 千尋
出版情報: 史窓.  078  pp.127-140,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3149
61.

論文

論文
母利, 美和
出版情報: 史窓.  078  pp.17-58,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3150
62.

論文

論文
桑山, 由文
出版情報: 史窓.  078  pp.i-vii,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3151
63.

論文

論文
水谷, 友紀
出版情報: 史窓.  078  pp.141-166,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3152
64.

論文

論文
小林, 瑞穂
出版情報: 史窓.  078  pp.1-24,  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3153
65.

その他

その他
出版情報: 史窓.  078  2021-03-06.  京都女子大学史学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/3154
66.

論文

論文
宮脇, 尚志
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.1-1,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3255
67.

論文

論文
木戸, 詔子 ; 松並, 晃子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.35-36,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3256
概要: ◆季節を味わう料理カレンダー (木戸詔子) / ◆第18回京都学生祭典オンライン本祭「オンライン料理教室においでやす」(松並晃子)
68.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.30-32,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3257
69.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.6-7,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3258
70.

論文

論文
中村, 智子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.16-18,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3259
71.

論文

論文
松並, 晃子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.8-8,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3260
72.

論文

論文
德本, 美由紀 ; 土岐田, 小百合 ; 中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.41-43,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3261
73.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.11-12,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3262
74.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.19-21,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3263
75.

論文

論文
松並, 晃子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.4-5,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3264
76.

論文

論文
中村, 智子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.9-10,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3265
77.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.33-33,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3266
78.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.22-27,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3267
概要: ◆らしつよチャレンジ KWU食育ボランティア活動推進プロジェクト / ◆京都新聞ジュニアタイムズ やってみようクッキング / ◆健康に関する研究会 La sante 健康レシピ作成
79.

論文

論文
松並, 晃子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.34-34,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3268
80.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.14-15,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3269
81.

その他

その他
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3270
82.

論文

論文
中山, 玲子
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.49-49,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3271
83.

論文

論文
中山, 玲子 ; 木戸, 詔子 ; 中村, 智子 ; 德本, 美由紀
出版情報: 京都女子大学栄養クリニック活動報告書.  013  pp.38-40,  2021-03-01.  京都女子大学栄養クリニック
URL: http://hdl.handle.net/11173/3272
概要: ◆第67回日本栄養改善学会学術総会 誌上発表 演題:学童期の偏食改善 : 保護者の偏食対応の観点から (中山玲子) / 演題:若年男性の骨密度の実態 : 骨粗鬆症対策の重要性 (木戸詔子) / 演題:高齢者の食に関する知識調査 : 主食・主 菜・副菜と骨の健康に必要な栄養素 (中村智子) / 演題:大学祭における参加者の骨密度・体組成・食生活の実態調査 (德本美由紀) 続きを見る
84.

論文

論文
ガハプカ, 奈美
出版情報: 研究紀要.  034  pp.1-22,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3213
85.

論文

論文
松岡, 靖
出版情報: 研究紀要.  034  pp.85-100,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3214
86.

論文

論文
美川, 圭
出版情報: 研究紀要.  034  pp.27-36,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3215
87.

論文

論文
表, 真美
出版情報: 研究紀要.  034  pp.23-40,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3216
88.

論文

論文
桂, 博美
出版情報: 研究紀要.  034  pp.41-63,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3217
89.

論文

論文
深川, 宣暢
出版情報: 研究紀要.  034  pp.49-69,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3218
90.

論文

論文
秋本, 勝
出版情報: 研究紀要.  034  pp.165-222,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3219
91.

論文

論文
宮野, 純次
出版情報: 研究紀要.  034  pp.101-118,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3220
92.

論文

論文
濱﨑, 由紀子
出版情報: 研究紀要.  034  pp.65-83,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3221
93.

論文

論文
槇村, 久子
出版情報: 研究紀要.  034  pp.141-163,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3222
94.

その他

その他
出版情報: 研究紀要.  034  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3223
95.

論文

論文
野口, 実
出版情報: 研究紀要.  034  pp.1-25,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3224
96.

論文

論文
村井, 尚子 ; 平井, 亙 ; 吉川, 嘉宏 ; 中川, あかり
出版情報: 研究紀要.  034  pp.119-139,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3225
97.

論文

論文
大谷, 俊太 ; 山中, 延之 ; 加藤, 弓枝 ; 大山, 和哉 ; 藤原, 静香
出版情報: 研究紀要.  034  pp.71-88,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3226
98.

論文

論文
辻, 浩和
出版情報: 研究紀要.  034  pp.37-48,  2021-02-28.  京都女子大学宗教・文化研究所
URL: http://hdl.handle.net/11173/3227
99.

論文

論文
鈴木, 依子
出版情報: 京都女子大学生活福祉学科紀要.  016  pp.59-66,  2021-02-22.  京都女子大学家政学部生活福祉学科
URL: http://hdl.handle.net/11173/3189
概要: The purpose of this study was to clarify the relationship between the reasons for truancy and the support of school social workers. Therefore, the reason and the contents of the support were classified from the case study of the school social worker practice activity, and the summary and the analysis were done. As an effective support for neglect families, school social workers conducted “cooperation with welfare” and provided formal services such as “joint conferences” with other occupations. In addition, as informal support, “service support” and “family interview” were carried out to the family. The effectiveness of school social worker support for children who belong to the “abuse group” among truancy children was clarified. 続きを見る
100.

論文

論文
佐藤, 聖一 ; 阿久津, 滝子 ; 岩﨑, 保之
出版情報: 京都女子大学生活福祉学科紀要.  016  pp.27-33,  2021-02-22.  京都女子大学家政学部生活福祉学科
URL: http://hdl.handle.net/11173/3190
概要: Caring is one of the most important concepts in nursing. However, there are also some criticisms towards caring in nursing. Thus, in this study, we examined the theory of caring in nursing proposed by Kuhse, a typical researcher who had criticisms towards caring in nursing, and compared that theory with the theory of caring proposed by Noddings. The results showed that although Kuhse’s theory admitted that caring was an important element in nursing, he pointed out the danger in forming too close of a relationship because it may lead to a decline in fairness and there may be risks of arbitration. He believed that the construction of relationships based on the “roles” of the one-performing-caring and the one-being-cared-for to be more important than constructing an ideal close relationship. Therefore, if we understand caring in nursing to be an attitude that nurses have in which they try to build a caring relationship while taking both the natural caring from Noddings’ theory and ethical caring into consideration, then it will be possible for nurses to perform caring without being subject to Kuse’s criticism. 続きを見る