close
1.

その他

その他
出版情報: 女子大國文.  138  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/622
2.

論文

論文
加納, 重文
出版情報: 女子大國文.  138  pp.47-66,  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/623
3.

論文

論文
畑中, 智子
出版情報: 女子大國文.  138  pp.101-122,  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/624
4.

論文

論文
井上, 博嗣
出版情報: 女子大國文.  138  pp.23-46,  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/625
5.

論文

論文
工藤, 哲夫
出版情報: 女子大國文.  138  pp.1-22,  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/626
6.

論文

論文
長谷川, 千尋 ; 中前, 正志
出版情報: 女子大國文.  138  pp.67-100,  2005-12-30.  京都女子大学国文学会
URL: http://hdl.handle.net/11173/627
7.

その他

その他
出版情報: 現代社会研究.  8  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/367
8.

論文

論文
嘉納, もも ; KANO PODOLSKY, Momo ; 嘉本, 伊都子 ; KAMOTO, Itsuko
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.109-123,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/368
概要: カナダにおける日系コミュニティの研究は、二十世紀初頭に移住してきた人々とその子孫たちを対象にしたものが大多数である。しかしながら1967年の移民法改正以降、少数ではあるが毎年日本からの移住者がカナダに入国しており、21世紀において彼ら「新移 住者」の存在を研究対象とすることは日系コミュニティの実態を理解するのに不可欠であると考えられる。本研究は、カナダ最大の都市トロントに在住する日本人新移住者家庭に焦点を当て、多民族・多文化社会であるカナダという環境の中で、彼らがいかにして日本文化の継承に取り組んでいるのか、その問題点と成果について調査する事を目的としている。本稿ではその一環として2004年12月に聞き取り調査を行なった「池端ナーサリー」でのデータを記述報告し、日本文化継承におけるこの園の役割について考察する。<br />Recent Japanese immigrants ("Shin-Ijushas") who arrived in Canada after 1967 (when new regulations regarding immigration came into effect) have traditionally been an understudied group compared to pre-WWII immigrants. The authors of this paper focus on Shin-Ijusha families and how the process of ethnic culture retention takes place among them. The research notes present preliminary findings from an on-going study in Toronto, and are based on interviews conducted at the Ikebata Nursery School, which provides a Japanese cultural environment for pre-schoolers in the Greater Toronto Area. Our findings show how a small-scale private daycare service has grown into a magnate for various segments of the Japanese Canadian community, and how it now plays an important role in supporting families who wish to transmit Japanese culture to the next generation. 続きを見る
9.

論文

論文
筒井, 美紀 ; TSUTSUI, Miki
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.5-22,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/369
概要: 「多くの学生が、グラフが読めない/レポートは、ネットからグラフや表を貼り付けてくるだけ」─筆者の着任(2004年4月)以来、しばしば指摘されてきた点である。それでは、(1)なぜ学生たちは「社会調査リテラシー」に欠けるのか。(2)いかなるカリ キュラム・授業を展開すれば、この能力を効果的に習得させることができるのか。(3)習得状況は、どのような方法によって把握すればよいのか。本稿は、(1)「社会調査リテラシー」欠如の原因を「学校化された」知性に求め、(2)この能力を向上させるのは「活動理論」に基づくカリキュラム・授業であること、その具体的実践として「初級者向け・科学的探究モデル」の教授-学習に取り組んだこと、について説明する。その際、(3)習得状況については、期末筆記試験の得点分析によって把握する。このように本稿の試みは、「社会調査リテラシー」取得をねらいとする「アクション・リサーチ」の、最初のスパイラルをなしている。<br />"Many students cannot grasp what graphs mean. They only paste graphs and tables on their term paper from the inter-net." This has been often pointed out since I got the position in this faculty in April 2004. Then, (1) why do they lack social research literacy ?' (2) What curriculum are effective for their mastering social research literacy ? (3) in what way can we grasp to what extent students have mastered social research literacy ? This paper (1) attributes their lack of this ability to their 'schooled' mind and (2) asserts that the curriculum based on activity theory can develop this ability effectively, and explains that the author made and used scientific inquiry model for primer, and (3) grasps to what extent students have mastered this ability through analyzing their scores of the final examination. This paper is the first spiral of the action research for constructing effective curriculum for social research literacy. 続きを見る
10.

論文

論文
岡野, 八代 ; 澤, 敬子 ; 内藤, 葉子 ; 藤本, 亮 ; 眞鍋, 佳奈 ; 南野, 佳代 ; 望月, 清世
出版情報: 現代社会研究.  8  pp.151-164,  2005-12-27.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/370