close
1.

図書

図書
堀内秀晃, 秋山虔校注
出版情報: 東京 : 岩波書店, 1997.1
シリーズ名: 新日本古典文学大系 ; 17
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
竹取物語
伊勢物語
竹取翁物語解 田中大秀著
伊勢物語闕疑抄 細川幽斎著
竹取物語
伊勢物語
竹取翁物語解 田中大秀著
2.

図書

図書
[紫式部著] ; 阿部秋生 [ほか] 校注・訳
出版情報: 東京 : 小学館, 1994.3-1998.4
シリーズ名: 新編日本古典文学全集 ; 20-25
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
1: 桐壺
帚木
空蝉
夕顔
若紫
末摘花
紅葉賀
花宴
2: 葵
賢木
花散里
須磨
明石
澪標
蓬生
関屋
絵合
松風
薄雲
朝顔
3: 少女
玉鬘
初音
胡蝶
常夏
篝火
野分
行幸
藤袴
真木柱
梅枝
藤裏葉
4: 若菜
柏木
横笛
鈴虫
夕霧
御法
5: 匂兵部卿
紅梅
竹河
橋姫
椎本
総角
早蕨
宿木
6: 東屋
浮舟
蜻蛉
手習
夢浮橋
1: 桐壺
帚木
空蝉
3.

図書

図書
相良亨 [ほか] 編集
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1984.3
シリーズ名: 講座日本思想 / 相良亨 [ほか] 編集 ; 5
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
「みやび」の構造 秋山虔著
幽玄とその周辺 久保田淳著
風雅のまこと 白石悌三著
すい・つう・いき : その生成の過程 中野三敏著
遊戯者の美術 辻惟雄著
崩壊期の発見した醜と悪の美意識 廣末保著
造形における様式美の形態 伊藤鄭爾著
日本の美論 : 中世歌論の追究したもの 藤平春男著
美しきものの系譜 : 花と幽玄 渡辺守章著
「みやび」の構造 秋山虔著
幽玄とその周辺 久保田淳著
風雅のまこと 白石悌三著
4.

図書

図書
相良亨, 尾藤正英, 秋山虎編集
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1983.10
シリーズ名: 講座日本思想 / 相良亨 [ほか] 編集 ; 1
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
古代人の心情 益田勝実著
宗教的修行における心と身体 : 修験道の修行と原始回帰思想 五来重著
宗教的修行における心と身体 : 密教の修行論とマンダラの心理学 湯浅泰雄著
日本思想史における本覚思想 田村芳朗著
親鸞における自然法爾 佐藤正英著
徂徠学における自然と作為 日野龍夫著
国学・和歌・自然 桑野敬仁著
生活思想における「自然」と「自由」 安丸良夫著
自然と科学 吉田忠著
古代人の心情 益田勝実著
宗教的修行における心と身体 : 修験道の修行と原始回帰思想 五来重著
宗教的修行における心と身体 : 密教の修行論とマンダラの心理学 湯浅泰雄著
5.

図書

図書
相良亨, 尾藤正英, 秋山虔編集
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1983.11
シリーズ名: 講座日本思想 / 相良亨 [ほか] 編集 ; 2
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本的知性と日本語 : その「論理性」をめぐって 阪倉篤義著
日本仏教思想の構造 玉城康四郎著
中世的知識体系の形成 黒田俊雄著
近世儒家における人性と知 子安宣邦著
国学における学問的自覚 : 契沖について 梅谷文夫著
農書と陰陽説 飯沼二郎著
江戸思想における政治と知性 長尾龍一著
経済思想における日本的特性 塚谷晃弘著
平安朝の知識人 : 文章道と菅原道真 藤原克己著
日本的知性と日本語 : その「論理性」をめぐって 阪倉篤義著
日本仏教思想の構造 玉城康四郎著
中世的知識体系の形成 黒田俊雄著
6.

図書

図書
[菅原孝標女著] ; 秋山虔校注
出版情報: 東京 : 新潮社, 1980.7
シリーズ名: 新潮日本古典集成 ; 第39回
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
秋山虔著
出版情報: 東京 : 平凡社, 1979.9
シリーズ名: 日本を創った人びと / 日本文化の会編 ; 5
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
秋山虔 [ほか] 編著
出版情報: 東京 : 三省堂, 1978.7
シリーズ名: 国語国文学研究史大成 ; 5
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
秋山虔 [ほか] 執筆
出版情報: 東京 : 中央公論社, 1977.3
シリーズ名: 日本絵巻大成 / 小松茂美編 ; 7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
餓鬼草紙
地獄草紙
病草紙
九相詩絵巻
餓鬼草紙
地獄草紙
病草紙
10.

図書

図書
秋山虔著
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 1972.6
シリーズ名: UP選書 ; 95
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
平安文学一面おぼえ書
光源氏論
源氏物語の人間造型
源氏物語の自然と人間
源氏物語の虚構と文体
源氏物語と紫式部日記
源氏物語の成立・構想 : 戦後の成立論の始発をめぐって
枕草子の本質
枕草子・美意識を支えるもの
日記文学論 : 作家と作品とについて
摂関時代の後宮文壇 : 紫式部の視座から
古典と現代
平安文学一面おぼえ書
光源氏論
源氏物語の人間造型