close
1.

論文

論文
南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo ; 澤, 敬子 ; SAWA, Keiko
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.125-142,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/423
概要: 本稿は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2008年2月~3月および2009年2月にオーストラリア、ニューサウスウェールズ州(NSW)シドニーにおいて実施した調査に基づき、オーストラリアにおける法曹継続 教育についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。まず、オーストラリアにおける、法曹の階層化と法曹一元制度を特徴とする英国型の法曹制度、法曹養成について、ジェンダーの側面も交えて概観する。次に、とくにNSWにおけるソリシターの継続教育のあり方について、弁護士会によるプログラムは、法令に沿って差別につきセミナーが提供されていること、法曹人口の半数に迫る女性法曹のニーズに応えるものであるとともに、専門家の私的自治としての継続教育には限界もあることが指摘される。裁判官の継続教育について、NSWの特徴的な独立委員会である司法委員会の設置経緯と任務をみる。情報提供や教育内容から、裁判官の独立と教育、司法の独立と市民の信頼について考察する。<br />As one of the results of the research project, "International Comparative Research on the Process of Developing, Implemeting, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a three year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research) , this article addresses continuing legal education system in New South Wales, Australia, which is a leading system in Australia, as well as it is expected to be a model for the Asia-pacific region. Mainly focusing on the solicitor's continuing legal education and judicial education, this article finds gender issues are programmed not as a theoretical matter, but as matters of interpretation of statutes and practical court management. As such, gender programs have their own place, and that is because Australia has a comprehensive legal system on gender issues. 続きを見る
2.

論文

論文
筒井, 美紀 ; TSUTSUI, Miki
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.89-105,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/424
概要: 「ふるさと雇用再生特別交付金事業」は、どのような求人を生み出しているのか。本稿は、大阪府の2009年7月現在の状況について、行政的な手続きを確認しつつ明らかにする。本稿は、雇用創出の中間ないし最終集計の分析ではなく、「オン・ゴーイングな観察 」に過ぎない。だが、次の強みを持つ―「当該企業やNPOは、なぜいまこのタイミングでこれこれの求人を出しているのか?」という文脈の解明である。これがなされてこそ、当該の雇用が事業終了後も継続するか否かの考察や、継続させる必要条件についての議論も、より深い実質を備える。本稿は、「ふるさと雇用再生」の大枠と流れを、厚生労働省や大阪府庁の資料によって概観したあと、「サポートネットOSAKA」の求人情報の任意の発効日を対象に、労働需要発生の文脈を、受託企業・NPOのホームページの閲覧等によって解明していく。得られた暫定的な知見は次の2点。 1)本事業をブレイクダウンして個別事業の実施にこぎつけるまでのプロセスは、大阪府の場合、トップダウンの傾向が見られる。 2)「ふるさと雇用再生」で生み出されている少なからぬ求人が、行政のアウトソーシングの流れに位置づくものだ、と考えられる。現時点で言えることは次の3点。 1)国から発せられる事業の具体的な推進は、トップダウンで行政中心の方法に限られるわけではない(例えば京都府)。 2)民間企業の雇用保険料が、時限的な交付金として、経常的で福祉的な業務に投入されていることは正当性を欠く。恒久化が無理なら、せめて5年の時限措置とすべき。短期的事業の受託によって露命をつないでいる状態では、経営基盤の安定化も人材育成も望めまい。 3)雇用創出のアイデア出し・グランドデザイン描き・試行錯誤は、景気の良し悪しに関わらず、地味に続けられているべきボトムアップの営みであり、これを制度的に保障すべきである。<br />What job offers are created through "Furusato Koyou Saisesi" (the government-aided project of regional recreation of employment) ? This paper clarifies the present (July, 2009) situation of Osaka prefecture with the description of the administrative procedure of this project. This paper is based on an on-going observation, not on an analysis of aggregated data. But its strength is to explore the contexts of why this firm or that NPO needs to invite this or that applicant at this timing. It is by this kind of exploration that the discussion can become more substantial whether this or that employment is sustainable after the end of this project. After an overview of this project through the documents of the Ministry of Health, Labour and Welfare and Osaka Prefecture, this paper explores the contexts of labor demand by using the job offering information of Support Net Osaka and the home pages of the firms and NPOs. The provisional findings are the following two : 1) in the case of Osaka Prefecture, this project has been advanced in a top-down style. 2) not a few job offers created through this project are considered to be related to administrative outsourcing. The provisional conclusions are the following three : 1) this government-aided project is not always advanced in a top-down style (for example, Kyoto Prefecture). 2) the limited-time subsidy whose revenue source is the employment insurance collected from private firms to the ordinary and social-welfare projects is not legitimatized. If the perpetuation is impossible, at least five years legislation is desirable. Otherwise, NPOs will prospect neither their stable management nor human resource development. 3) collecting ideas of job creation, drawing its grand design and trial and error should be continued steadily in a bottom-up style in spite of economic situation, and so should be guaranteed institutionally. 続きを見る
3.

論文

論文
内藤, 葉子 ; NAITO, Yoko
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.169-180,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/425
概要: 1990年代、「新しい戦争」といわれる武力紛争が各地に生じ、深刻な人権侵害が引き起こされた。それに対し国際社会は人権保護と正義の観点から「人道的介入」という名の武力行使を遂行した。本稿はこの問題をめぐって、カントを批判的に再構築しようとする ハーバーマスの議論を取り上げる。彼はシュミットの正戦論批判に反論し、グローバルなレベルでの強制的実定法秩序の成立が、善-悪のコードに左右されずに法制度によって人権侵害に対処することを可能にすると主張する。とはいえ法権利を保障する国際法体系が不十分な現状では、民主的法治国家から成る「組織化された国際社会」が、世界市民的秩序の代行として人道的介入を行うことも止むを得ないと言う。しかし〈法の領域があるかのようにふるまうこと〉は〈法による保障そのもの〉と同じではない。このズレに善-悪のコードが忍び込みはしないのか。本稿ではこうしたハーバーマスの議論に潜む問題点を明らかにすることで、グローバル市民社会の規範的方向性を検討する。<br />Since the 1990s, "the new war" violates human rights seriously in particular places. The international society conducts humanitarian intervention on grounds of the protection of human rights and justice. In relation to this, this article picks up Habermas's argument which reconstructs Kant critically. Habermas counters Carl Schmitt's criticism of just war and claims a vision of global legal law order which would be able to judge human-rights violationwith legal force. But now the international law system is not adequate, so he justifies that international community of democratic law-governed states conducts humanitarian intervention as surrogate of the future global civil society. However, behind the back of his argument, the good-bad code may be in hiding. This article explores the problem of Habermas's argument and then considers a normative vision of the global civil society. 続きを見る
4.

論文

論文
前田, 佐和子
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.203-208,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/426
5.

その他

その他
出版情報: 現代社会研究.  12  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/427
6.

論文

論文
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.217-221,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/428
7.

論文

論文
秋本, 勝
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.193-201,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/429
8.

論文

論文
槇村, 久子 ; MAKIMURA, Hisako
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.155-167,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/430
概要: 高度経済成長の時代に産業活動の結果による環境負荷が蓄積されたが、負の遺産から地域再生の取り組みが進められている。そのプロセスで住民の関心は、安全さらに安心を得ることである。兵庫県高砂西港は平成17年高砂市「高砂みなとまちづくり構想」において 高砂西港の再整備と親水空間の創出を先導プロジェクトとした。しかし昭和40年代に浚渫汚染土のPCB盛り立て地が西港背後にあり、住民に最も不安要因であり関心が高く恒久対策が課題となる。市民、行政、企業、専門家の高砂西港再整備推進協議会の検討経過から、高砂西港の盛り立て地の負の遺産から安全・安心のまちづくりへのプロセスを検証した。<br />Some negative property left accumulated by industry activities in the economic growing period. Recently some projects starts from negative property left to regional regeneration. The inhabitants are interested in attaining security and peace of mind. Hyogo prefecture and Takasago City projected "The city planning of Takasago port" in 2005. However, there is PCB banking behind of Takasago west port. So inhabitants feel uneasy about that PCB banking. I study the The City Environmental Problems and Collaboration among Administration, Industry and Citizen for Waste Recycling Activities and Development of Green Space in Ho Chi Minh City, Vietnam. 続きを見る
9.

論文

論文
田中, 利幸
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.209-215,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/431
10.

論文

論文
澤, 敬子 ; SAWA, Keiko ; 柿本, 佳美 ; KAKIMOTO, Yoshimi ; 南野, 佳代 ; MINAMINO, Kayo
出版情報: 現代社会研究.  12  pp.53-70,  2009-12-25.  京都女子大学現代社会学部
URL: http://hdl.handle.net/11173/432
概要: 本報告は、ジェンダーに関する課題を中心に法曹継続教育についての比較研究を行うため、2008年11月、2009年2月に、フランス共和国において実施した調査に基づき、フランスにおける法曹継続教育(Continuing Legal Educati on, CLE)についてジェンダーを中心に考察することを目的としている。フランスにおいては、公務員である司法官(裁判官・検察官)の継続教育は、司法官養成の国家機関でもある国立司法学院(Ecole Nationale de la Magistrature)が担当し、各地の裁判所と連携を取りながらこれを行っている。受講者は、年間200以上のテーマの中から、自分に必要なテーマを選び無料で受講できる。弁護士に対しては、弁護士が所属する各地の弁護士会が行っている。どちらも近年、義務的なものとなった。近年のフランスにおいては、パリテ法の制定などによる政治部門への女性の参加の進展、法曹における女性割合の目覚しい増加が見られるが、一方で、国立司法学院の継続教育のコースでは、ジェンダーに関する諸問題に対応する個別立法などが行われれば当該法を扱う個別コースが提供されるが、ジェンダー法学/理論のみが取り扱われるコースは現時点では存在しない。<br />As one of the results of the research project "International Comparative Research on the Process of Developing, Implimenting and, Systematizing Continuing Legal Education Programs Concerning Gender Issues," (a 3 year research project with the government's Grants in Aid for Scientific Research), this article focuses on an investigation done in France on gender perspectives in the Continuing Legal Education (CLE) in 2008-9. In the article, explained are the systems and programs of CLE for French magistrates (judges and prosecutors) and lawyers, and the appreciations given by them. We found no program which treats, especially and exclusively, "gender and law" or gender theory. 続きを見る