close
1.

図書

図書
伊東一郎著
出版情報: 東京 : 水声社, 2019.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
ゴーゴリとウクライナ・フォークロア
ゴーゴリ : ウクライナ・バロック : 民衆文化 : バフチン「ラブレーとゴーゴリ」に寄せて
ウクライナ文学史におけるゴーゴリ : 『ソローチンツィの定期市』のエピグラフを手掛かりに
偽作の翻訳から創作へ : プーシキンの『西スラヴ人の歌』とメリメの『グズラ』
プーシキン『西スラヴ人の歌』におけるセルビア民謡の翻訳二篇について
スロヴァキアのプーシキン博物館を訪ねて
ブルガリアのパステルナーク
『テクストの構造と文化の記号学』を読む
ストラヴィンスキーのジャポニスムの一側面 : 『日本の叙情歌からの三つの詩』の拍節法について
「ロシア人形の歌」をめぐって : 山田耕筰・北原白秋・山本鼎のロシア
ベートーヴェンとロシア
ただ憧れを知る者のみが : ロシア歌曲におけるゲーテ
『ワーグナーとロシア』を読む
テクストとしてのクリミア : プーシキンの南方時代(一八二〇-一八二四)への一視点
多言語 (ポリグロット) 都市チェルニウツィの三人の詩人 : フェチコーヴィチ、エミネスク、ツェラン
ナボコフ『青白い炎』と『イーゴリ軍記』
夕べの鐘 : イワン・コズロフとトマス・ムーア
ロシアのアマデウス : 『モーツアルトとサリエリ』へのマルジナリア
ドストエフスキーと音楽
マンデリシタームとストラヴィンスキー : ヴェラ・ストラヴィンスカヤをめぐる二十世紀ロシア文化史の断章
『現代音楽のポリティックス』を読む
「言語」・「音楽」・「自然音」 : 「音知覚の比較文化学」のための覚書
ゴーゴリとウクライナ・フォークロア
ゴーゴリ : ウクライナ・バロック : 民衆文化 : バフチン「ラブレーとゴーゴリ」に寄せて
ウクライナ文学史におけるゴーゴリ : 『ソローチンツィの定期市』のエピグラフを手掛かりに
2.

図書

図書
亀山郁夫著
出版情報: 東京 : PHP研究所, 2012.2
シリーズ名: PHP新書 ; 781
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
フランシス・マース著 ; 森田稔, 梅津紀雄, 中田朱美訳
出版情報: 東京 : 春秋社, 2006.3
所蔵情報: loading…