close
1.

図書

図書
安田登 [著]
出版情報: 東京 : 紀伊國屋書店, 2021.1
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
島内裕子著
出版情報: 東京 : 放送大学教育振興会, 2021.3
シリーズ名: 放送大学大学院教材 ; 8981035-1-2111 . 人文学プログラム||ジンブンガク プログラム
所蔵情報: loading…
3.

図書

図書
木下武司著
出版情報: 大阪 : 和泉書院, 2021.2
所蔵情報: loading…
4.

図書

図書
木下武司著
出版情報: 大阪 : 和泉書院, 2021.2
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
東京大学文学部国文学研究室編
出版情報: 東京 : 東京大学出版会, 2021.3
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
歌謡の仕組み : 雄略記を読む1 鉄野昌弘著
紫式部の孤心 : 『紫式部日記』を読む 藤原克己著
作者は一人か : 和歌や物語の制作の場 高木和子著
個性が生まれるとき : 西行と藤原俊成 渡部泰明著
源氏物語と漢文学 : 漢詩文の引用と<共同性> 藤原克己著
平安時代の和歌 : 言葉と<共同性> 高木和子著
浪人の連帯感 : 『西鶴諸国ばなし』に見る<共同性> 長島弘明著
テクストの中の"文壇" : 共同文学の<共同性> 安藤宏著
歌うことと書くこと : 雄略記を読む2 鉄野昌弘著
無常観が生みだすもの : 方丈記と徒然草 渡部泰明著
「座」から切り離された発句 : 『奥の細道』と連句の<共同性> 長島弘明著
演技する「小説家」 : 志賀直哉『城の崎にて』を中心に 安藤宏著
日本文学と〈共同性〉 渡部泰明, 安藤宏, 長島弘明ほか述
歌謡の仕組み : 雄略記を読む1 鉄野昌弘著
紫式部の孤心 : 『紫式部日記』を読む 藤原克己著
作者は一人か : 和歌や物語の制作の場 高木和子著
6.

図書

図書
深沢徹著
出版情報: 東京 : 武蔵野書院, 2021.4
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
格子からの逃走
忌まわしき〈嵯峨〉のトポス
『更級日記』末尾の一節
狂言綺語へのあらがい
慈円『愚管抄』解題
喰ってかかる『愚管抄』
グローバル資本主義のもとに生きる〈縁〉なき衆生は、いかなるフェティッシュを夢見るか?
頼朝の二つの顔
吃音とエクリチュール
格子からの逃走
忌まわしき〈嵯峨〉のトポス
『更級日記』末尾の一節
7.

図書

図書
堀誠著
出版情報: 東京 : 汲古書院, 2021.5
シリーズ名: 汲古選書 ; 78
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
蜘蛛のいろいろ
日中の俗信と文学
喜鵲の歌
日中「竹馬」小考
日中「鶏鳴」故事考
「蝗」をめぐる日中比較文化的考察
馮夢龍と中島敦の眼
日本の寒山寺
散策の空間
文字の散策
玄奘西往東来
「胡馬」札記
空海点綴
終南藍田散策
輞川の記
内外偶見随記
蜘蛛のいろいろ
日中の俗信と文学
喜鵲の歌
8.

図書

図書
日本文学風土学会編
出版情報: 東京 : 新典社, 2021.8
シリーズ名: 新典社選書 ; 102
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
文学風土「宇治」の基層と展開 及川道之著
「宇治の橋姫」攷 佐々木雷太著
厭世と栄華の宇治 藤本宗利著
宇治と和歌 中田幸司著
宇治と中世文学 石黒吉次郎著
隠逸の文藝史への序章 原國人著
近代歌人と宇治 小清水裕子著
文学風土「宇治」の基層と展開 及川道之著
「宇治の橋姫」攷 佐々木雷太著
厭世と栄華の宇治 藤本宗利著
9.

図書

図書
三宅晶子編
出版情報: 東京 : 勉誠出版 (発売), 2021.7
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
楽しい古典文学と出会うために 三宅晶子著
感じる『百人一首』/ 三宅晶子著
不治の薬に託されたかぐや姫の思い 岡田香織著
繋がっている今と昔 三宅晶子著
『義経記』義経像の変遷 長島裕太著
神話因幡の白ウサギ 高梨禎史著
国語教育の役割と「古典」や「古文」の教育 府川源一郎著
軍記教材を読みなおす 鈴木彰著
「敦盛最期」を読み直す 菊野雅之著
『竹取物語』が「竹取の翁というものありけり」と語り出される訳 武田早苗著
紫式部と出会う 三宅晶子著
『徒然草』で学ぶ異文化 笠原美保子著
中国の「蟻通し」難題譚 岡田充博著
「長恨歌」と謫仙女楊貴妃 高芝麻子著
古典文学の本文を考える 徳植俊之著
いずれ役に立つかもしれない古典から、今に働きかけてくる古典へ 高木まさき著
安倍晴明は、なぜスーパーヒーローになったのか。 一柳廣孝著
ライトノベル・少女小説・児童文庫から親しむ古典文学 山中智省著
古典と現代の言葉の接点を求めて 藤原悦子著
小学生と古典を楽しむ 渡辺寛子著
拡張する「古典」 石田喜美著
楽しい古典文学と出会うために 三宅晶子著
感じる『百人一首』/ 三宅晶子著
不治の薬に託されたかぐや姫の思い 岡田香織著
10.

図書

図書
木越治, 丸井貴史編
出版情報: 東京 : 文学通信, 2021.11
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
読まなければなにもはじまらない 木越治著
古典の「本文」とは何か : 『春雨物語』の本文研究に即して 高松亮太著
表記は「読み」にどう関わるか 中野遙著
表現の歴史的文脈を掘り起こす : 典拠を踏まえた読解の方法 丸井貴史著
文体の持つ可能性 紅林健志著
書簡体小説の魅力と「読み」の可能性 岡部祐佳著
絵を読み解く : 近世・明治の出版物を読む 有澤知世著
漢詩を読み解く : 青地礼幹「喜義人録成二首」を例に 山本嘉孝著
地誌を「読む」ということ 真島望著
歌舞伎を「読む」ということ : 河竹黙阿弥作品の場合 日置貴之著
古典を読む営為について 加藤十握著
古典との向き合い方 : 中等教育の現場から 中村唯著
「現代社会」が古典文学をつくる : 歌枕「わかのうら」需要の歴史から 宇治田健志著
読むことでなにがはじまるのか 堀切克洋, パリュスあや子, 木ノ下裕一ほか述
読まなければなにもはじまらない 木越治著
古典の「本文」とは何か : 『春雨物語』の本文研究に即して 高松亮太著
表記は「読み」にどう関わるか 中野遙著