close
1.

論文

論文
大谷, 俊太 ; 山中. 延之 ; 加藤, 弓枝 ; 大山, 和哉 ; 藤原, 静香
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.1-74,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3228
2.

論文

論文
梶山, 柚輝
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.75-90,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3229
3.

その他

その他
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3230
4.

論文

論文
中前, 正志
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.121-148,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3231
5.

論文

論文
山中, 亜紗子
出版情報: 国文論藻 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.91-119,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3232
6.

その他

その他
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3233
7.

論文

論文
Shimomura, Fuyu
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.71-103,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3234
概要: Given that many EFL learners tend to struggle with understanding spoken English, some scholars identified the pedagogica l potential of shadowing and visual shadowing for improving listening comprehension. This paper explores whether dif ferent ar ticulation rates for visual shadowing af fect the improvement in EFL learners’ top-down and/or bottom-up processing, and how other factors such as improvement in prosody or articulation rates influence student English listening comprehension. Given that some research findings from this study (i.e. shadowing helped both higher and lower proficiency learners) contradict the major research findings on shadowing, the author analyzes the potential factors that led to these discrepancies. 続きを見る
8.

論文

論文
Campbell-Larsen, John
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.41-70,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3236
概要: Expressing quantity in English is an area replete with complexity, irregularity, fuzzy categories and nuances of usage that pose a hurdle for many English language learners. This paper describes some of these complexities that underlie seemingly straightforward binary categories such as the mass/count and singular/plural distinctions. The paper will also describe other aspects of quantification such as the usage of much and many in questions versus propositional statements and the expression of vague amounts. The aim is to reveal the complex conceptual, grammatical and pragmatic factors that bear on any expression of quantity in English. 続きを見る
9.

論文

論文
谷, 光生
出版情報: 英語英米文学論輯 : 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要.  020  pp.1-15,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3237
10.

論文

論文
山田, 雅彦
出版情報: 京都女子大学大学院文学研究科研究紀要. 史学編.  020  pp.1-26,  2021-03-15.  京都女子大学
URL: http://hdl.handle.net/11173/3238