close
1.

図書

図書
加藤周一著
出版情報: 東京 : 平凡社, 1979.11
シリーズ名: 加藤周一著作集 / 加藤周一著 ; 15
所蔵情報: loading…
2.

図書

図書
大久保利謙編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1977
シリーズ名: 明治文学全集 ; 14
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
日本開化小史
日本開化之性質
日本之意匠及情交
歴史は科学に非ず
日本歴史の沿革
史癖は佳癖
壬申の乱
藤原不比等及び三千代
聖武天皇
光明皇后
孝謙天皇
最澄及び空海
菅原道真
平将門
源頼朝ヲ論ズ
北条政子
小野お通
日本外史と読史余論
商業史歌
楽天録
唯有我
六合雑誌ニ質ス
予約刊行の盛衰
旅館の改良を要す
新富町演劇を観て感あり
婦人に関する新語
婦人改良婦人奨励
女学の解
輿論記者の女学
女学記者と輿論記者
崇拝論
言論文章果して幾何の勢力あるや
山路愛山君に対して
第二十世紀を迎ふるの辞
予約事業の成績
活版職工勤続奨励会表彰授与式に於て
歴史上より観察したる歌
三河の古戦場について
自叙伝
島田三郎氏洋行に付経済学協会の送別会
毎日記者に告ぐ
前編集長吉岡太三獄中に死す
森大臣難に遭ふて薨ず
敬宇中村正直先生逝けり
海舟勝伯
外山博士を憶ふ
星亨氏の横死を悼む
伊庭想太郎氏
徳川公授爵祝賀会に於て
経世余論ヲ読ム
福沢先生著時事小言ヲ読ム
神道新論を読む
新著佳人之奇遇を読む
王陽明
鼎軒先生の特色 石川半山著
故田口鼎軒君の史海を回顧す 久米邦武著
田口博士を想ふ 黒板勝美著
序言 黒板勝美著
文明史家並「社会改良」論者としての田口鼎軒 森戸辰男著
日本開化小史
日本開化之性質
日本之意匠及情交
3.

図書

図書
土方定一編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1975.2
シリーズ名: 明治文学全集 ; 79
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
美妙学説 西周著
修辞及華文 菊池大麓著
美術真説 フェノロサ著
歌楽論 末松謙澄著
日本文章論 末松謙澄著
演劇改良意見 末松謙澄著
維氏美学緒論 中江兆民著
当世書生気質の批評 高田半峰著
日本の意匠及情交 : 芝居之部 高田半峰著
演劇改良論私考 外山正一著
日本絵画ノ未来 外山正一著
批評論 大西祝著
滑稽の本性 大西祝著
悲哀の快感 大西祝著
詩歌論 大西祝著
審美的感官を論ず 大西祝著
外山正一氏の書論を駁す 森鴎外著
審美論 森鴎外著
「月草」叙 森鴎外著
高橋由一履歴 高橋由一著
審美的意識の性質を論ず 島村抱月著
美学と生の興味 島村抱月著
審美的批評の標準 大塚保治著
美学の性質及其研究方法 大塚保治著
ロマンチツクを論じて我邦文芸の現況に及ぶ 大塚保治著
京都画家対東京画家 大塚保治著
宗教と美術 高山樗牛著
美学上の理想説に就いて 高山樗牛著
日本画の過去将来に就いて 高山樗牛著
第三回文部省展覧会の最後の一瞥 高村光太郎著
フランスから帰って 高村光太郎著
緑色の太陽 高村光太郎著
美妙学説 西周著
修辞及華文 菊池大麓著
美術真説 フェノロサ著
4.

図書

図書
山室静著
出版情報: 東京 : 冬樹社, 1973.1
シリーズ名: 山室静著作集 / 山室静著 ; 6
所蔵情報: loading…
5.

図書

図書
山室静著
出版情報: 東京 : 冬樹社, 1972.5
シリーズ名: 山室静著作集 / 山室静著 ; 1
所蔵情報: loading…
6.

図書

図書
山室静著
出版情報: 東京 : 冬樹社, 1972.7
シリーズ名: 山室静著作集 / 山室静著 ; 3
所蔵情報: loading…
7.

図書

図書
山室静著
出版情報: 東京 : 冬樹社, 1972.9
シリーズ名: 山室静著作集 / 山室静著 ; 4
所蔵情報: loading…
8.

図書

図書
山室静著
出版情報: 東京 : 冬樹社, 1972.11
シリーズ名: 山室静著作集 / 山室静著 ; 5
所蔵情報: loading…
9.

図書

図書
木村毅編
出版情報: 東京 : 筑摩書房, 1970.5
シリーズ名: 明治文学全集 ; 92
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
明治人物月旦(抄) 鳥谷部春汀著
薩の海軍・長の陸軍 鵜崎鷺城著
新人国記(抄) 横山健堂著
文壇人国記(抄) 横山健堂著
明治維新三大政治家 池辺三山著
当世人物評(抄) 石川半山著
政界の寧馨児(抄) 山本亀城著
明治人物月旦(抄) 鳥谷部春汀著
薩の海軍・長の陸軍 鵜崎鷺城著
新人国記(抄) 横山健堂著
10.

図書

図書
島村抱月著 . 長谷川天溪著 . 片上伸著 . 相馬御風著
出版情報: 東京 : 講談社, 1968.9
シリーズ名: 日本現代文學全集 / 伊藤整 [ほか] 編 ; 27
所蔵情報: loading…
目次情報: 続きを見る
運命の丘 島村抱月著
清盛と佛御前 島村抱月著
審美的意識の性質を論ず 島村抱月著
囚はれたる文藝 島村抱月著
沙翁の墓に詣づるの記 島村抱月著
「破戒」を評す 島村抱月著
近代批評の意義 島村抱月著
「青春」を評す 島村抱月著
今の文壇と新自然主義 島村抱月著
知識ある批評 島村抱月著
「蒲團」を評す 島村抱月著
美的生活とは何ぞや 長谷川天溪著
新思潮とは何ぞや 長谷川天溪著
「重右衞門の最後」(花袋作) 長谷川天溪著
不自然は果して美か 長谷川天溪著
解決なき創作物 長谷川天溪著
批評の本領 長谷川天溪著
研究的精神の缺乏 長谷川天溪著
文學の試験的方面 長谷川天溪著
理想の破滅と文學 長谷川天溪著
幻滅時代の藝術 長谷川天溪著
寫生文の妙趣 長谷川天溪著
無解決の文學 片上伸著
人生觀上の自然主義 片上伸著
新興文學の意義 片上伸著
田山花袋氏の自然主義 片上伸著
自己の爲の文學 片上伸著
自然主義の主觀的要素 片上伸著
アーサー・シモンス論 片上伸著
快楽主義の文學 片上伸著
自然主義論に因みて 相馬御風著
文藝上主客兩體の融會 相馬御風著
「蒲團」評 相馬御風著
詩界の根本的革新 相馬御風著
「有明集」を讀む 相馬御風著
自然主義の絶對境 相馬御風著
北村透谷私觀 相馬御風著
自然主義論最後の試練 相馬御風著
ツルゲーニェフ、態度、人 相馬御風著
樋口一葉論 相馬御風著
運命の丘 島村抱月著
清盛と佛御前 島村抱月著
審美的意識の性質を論ず 島村抱月著